『鉄腕DASH』城島茂が“悪臭”に悶絶「一般人が食べたらのたうち回る」

『鉄腕DASH』城島茂が“悪臭”に悶絶「一般人が食べたらのたうち回る」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『TOKIO』の城島茂が、7月18日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)に出演。普段から悪臭に慣れているはずの城島が魚の臭いに思わず悶絶し、視聴者を驚かせた。

企画「DASH海岸」を放送。城島らはアオリイカが卵を産める場を作ろうと、城ヶ島沿いの海中に大量の葉が付いた木を落とし込んだ。だが3日後、葉は魚に食われてボロボロの状態に。城島らは葉を食い尽くした魚の正体を探ろうと張り網を設置し、毒を持つ魚・アイゴを5匹引き上げた。

一同は生態系のバランスを保とうと、アイゴを調理することに。専門家が血抜きして安全な状態になった後に、城島が自らアイゴを三枚下ろしに。同行した桝太一日本テレビアナウンサーは「身はキレイ!」「弾力はすごい! 身も皮もプリンプリン」と喜んだ。

城島茂がアイゴの臭いを直接かぐと…

ところが、「香りは?」と切り身に城島が鼻を近づけると、「あ、臭いなコレ!」と思わず叫び、マスクを素早く着けた。

城島は「懐かしい。ザリガニがおるようなコケの香りがします」と続けた。枡アナも切り身の臭いをかぎ「くっさ!」と顔をしかめる。「青臭さを凝縮に凝縮した感じ」と表現し、「正直、懐かしさはみじんも感じなかった」と嘆いて周囲を笑わせた。

城島は身をそのまま食べると「臭みはありますけど…臭いですね」と苦悶の表情。「マスクの中で喋ってたら臭みが戻ってきた…」と苦しげな表情を浮かべた。

普段は臭いものを相手にしても顔色を変えず対応する城島だが、アイゴ相手には太刀打ちできず。百戦錬磨の城島が臭いに顔をしかめると、視聴者は驚いていた。

《リーダーが臭い言うなら相当かと》
《茂さんが臭いと言うからには本当に臭いんだろな》
《リーダーが食べて「臭い」と言うんだから、一般人が食べたらのたうち回るな、アイゴ》
《リーダーが耐えられないニオイって… アイゴ怖いなw》
《島の変なお茶でも大丈夫なリーダーを撃沈するアイゴの刺身w》
《あの雑草と木の皮みたいな物を煮詰めきったえげつない苦味を耐えられる城島リーダーでさえ耐えられない時点でアイゴの臭さのヤバさが分かるね》

一般人なら悶絶していたところだろう。

【あわせて読みたい】