水谷豊が「新相棒役」に驚きの候補を検討中

(C)まいじつ

テレビ朝日の人気ドラマシリーズ『相棒』の新しい相棒候補に驚きの名前が急浮上している。

相棒は水谷豊が主役の杉下右京役を務め、その相棒役の冠城亘を現在は反町隆史が務めている。10月から始まる新しいシリーズ『season16』は反町が引き続き出演することが決まっているが、同シリーズ限りで降板するのは確実とみられている。

「反町が出演するようになってから視聴率が悪化しました。反町の前に成宮寛貴が相棒役で出演していたseason13までは、平均視聴率が17%以上で、単話でも20%を超えることもありました。ところが、反町に変わったseason14以降は、一度も20%以上を記録していません。平均視聴率15%台にまで落ちたこともありました。そのため、“反町降板論”が出ているのです」(テレビ朝日関係者)

こういう状況であるため、次の相棒役を誰がするのかに注目が集まっている。あるインターネットサイトが、season15の途中で時期相棒候補は稲垣吾郎だと報じた。

「この稲垣の情報をスポーツ紙や週刊誌も後追いで報道しました。そのほかにも相棒の人気拡大で一役を担った2代目相棒の及川光博の再登場という話も出ていました。いずれにしても、反町はもういいという風潮になっています」(同・関係者)

 

次作以降の相棒は未定

こうした報道に主演の水谷は敏感に反応した。水谷はseason15の打ち上げ会のあいさつで「次回作の相棒は稲垣吾郎さんに決まったみたいですね」と、反町の前で発言し、会場を凍り付かせたという。

反町は次作も出演することになっているが、その後は未定だ。

「どういう形で反町を降板させるのか思案しているようです。番組途中で新宿署に異動になるという説が出ていて、新宿署の生活安全課でストーカー対策担当になるという設定です。これならいつドラマ内で登場しても大丈夫になるので、反町の顔も立ちます」(テレビ雑誌編集者)

そして、新たな相棒役に名前が挙がったのが、稲垣と共にジャニーズ事務所を退所する“あのひと”だという。

「水谷は草彅剛に狙いを定めたという話が漏れ伝わってきました。水谷はスタッフのあいだから“天皇”と呼ばれるほどの存在で、噂通りに稲垣を起用するのはしゃくに障るという気持ちもあるでしょう。だから俳優として評価の高い草彅を引っ張る可能性はあります」(同・編集者)

season16もそれ以降も楽しめそうだ。

 

【あわせて読みたい】

※ 今井絵理子「車内キス疑惑画像」流出

※ 「嘘ツイート」連発のバレたクロちゃんのアカウントが炎上 

※ 10代が選ぶ「父親にしたくない俳優」1位は納得のあの人

※ もはや「呪われた領域」セシルのもくろみ打ち切り濃厚

※ しくじり先生終了「オリラジ中田を干すため説」の真偽