『TOKYO MER』脚本が破綻!? ご都合主義だらけで呆れ声「酷くて笑う」

『TOKYO MER』脚本が破綻!? ご都合主義だらけで呆れ声「酷くて笑う」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

7月18日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第3話が放送された。今期ドラマの中でずば抜けた支持を集めていた同作だが、早くもほころびが出始めてしまったという。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

第3話では、凶悪犯が重病の少女を人質に立てこもる事件が発生する。現場に急行した喜多見は、少女に薬を渡さないと命に危険があると主張するが、メンツを気にして口を出すなという警察と対立する。

発作の危機が迫る少女の命を守るため、夏梅は自ら身代わりを志願する。夏梅は犯人に銃口を向けられる中で処置を行うなど、極限状態の医療の現場が描かれた。

TOKYO MER以外は全員無能

「第3話も相変わらず大活躍をした喜多見らTOKYO MERメンバーでしたが、対照的に警察はメンツばかりを気にする無能のように描かれていました。このドラマでは第1話でも、TOKYO MERと対立する消防庁が嫌味な雰囲気で描かれており、TOKYO MERを持ち上げるために他の組織がヒールに徹することが多くなっています」(芸能記者)

こうした展開の連続に、ネット上では

《このドラマは消防と警察の無能すぎるww こんな事件が東京で起こってたら、東京の治安崩壊しとるわww》
《酷すぎて脚本家にイラついてきた》
《TOKYO MERメンバー以外全員を無能にし過ぎてるの酷くて笑っちゃった》
《MERを活躍させるために他を無能に描くのはちょっと下手すぎる》
《リアリティーの無さが半端なかった。ストーリーを盛り上げるためのご都合主義優先の脚本の典型でしたね》

といった苦言があがり始めている。

実に〝日曜劇場らしい〟勧善懲悪だが、果たしてこれがいつまで通用するだろうか。

【あわせて読みたい】