『ボク恋』田中みな実の“出しゃばり”に期待と不安「これ以上は…」

『ボク恋』田中みな実の“出しゃばり”に期待と不安「これ以上は…」 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

7月18日、中川大志が主演の連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)の第3話が放送された。この回で、田中みな実がドラマのキーマンになることが示唆されて話題となっている。

同作は、伝説の殺し屋に育てられた主人公・男虎柊(中川)が、育ての親・男虎丈一郎(藤木直人)を殺した漫画家・鳴宮美月(新木優子)を暗殺しようとするストーリー。しかし、殺し屋としての身体能力は申し分ないにも関わらず、自らの間の悪さが災いして、殺そうとしても、どうしても殺せない。逆に、危険が迫るターゲットを守ってしまうことになるという内容だ。

第3話では〝デス・プリンス〟という殺し屋としての顔を持つモデルの流星(鈴木伸之)から、美月ら漫画家チームがグランピングに誘われる。流星が美月の命を狙っていることを知っている柊は、〝自分が先に仕留めよう〟とグランピングについていき、美月を殺害するチャンスをうかがった。

そんな中、美月のアシスタントを務めている千景(田中みな実)は、自然な流れで柊の写真を撮影。その後、1人になったとき、柊の素性を探るよう、何者かに写真を渡しながら連絡をしていた。

コント演技で浮いてしまう田中みな実

美月、流星、そして柊のみならず、千景まで〝裏の顔〟を持っていることに視聴者は驚き。ネット上では

《お、やっぱり黒幕が田中みな実か》
《黒幕は田中みな実説あると思うな~》
《田中みな実が何もしないあざとキャラなわけがなかったんだよな》
《田中みな実が怪しくなってきたぁ!》

など期待の声があがっているが、一方では

《お願いだから田中みな実はこれ以上出しゃばって来ないで欲しい》
《みな実にあんまり絡んでほしくない》

と否定的な反応も出ている。

「田中の演技は〝やりすぎ感〟が強く、ネタドラマだとしても浮いてしまうことがあります。伝説のクソドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)では、ダブル主演の安斉かれんと三浦翔平が、真剣にダサい台詞を言い合っているのがウケていたのに、田中はオーバーな演技でふざけているのが丸わかり。コメディードラマを演じる俳優陣と、コントを演じる田中でギャップが生まれていました」(芸能記者)

もう俳優活動が長くなっているだけに、絶妙な塩梅での演技を期待したいが…。

【あわせて読みたい】