神ボディーの16歳レスリング女子・山岡雅弥に称賛殺到「とんでもない逸材」

神ボディーの16歳レスリング女子・山岡雅弥に称賛殺到「とんでもない逸材」 

(C)DKai / Shutterstock 

7月上旬、講談社が主催するグラビアコンテスト『ミスマガジン』の2021年版ベスト16が発表され、各賞を決める本選考がスタートした。中でも注目を集めているのが、『ヤングマガジンWeb』の中間発表で1位を獲得した16歳・山岡雅弥だ。

3サイズB86・W60・H92の山岡は、高校2年生とは思えないバストの持ち主。さらに、候補者ページの《他のベスト16メンバーに負けないポイントは?》との質問で、自ら《ケツの大きさ!(笑)》と答えるなど、上下ともに自他共に認める恵まれた体型をしている。

この裏付けは経歴にあるようで、なんと彼女、レスリングの全国大会で上位を獲得した過去が。PRイベントでもレスリングのポーズを決め、キャッチコピーにも「まばゆいほどの健康美」という言葉が躍っている。その他のQ&Aでも、《好きな異性のタイプは?→逆三角形のゴリゴリマッチョ!》《弱点はある?→上半身の筋肉が下半身に比べて貧弱です》など、フィジカルに関するものが並ぶ。

「レスリング女子」はグランプリ獲得なるか!?

自らの経歴を全面に押し出し、ショートカットのあどけない雰囲気と健康美・肉体美で、16歳ながら多くの男性を魅了する山岡。スポーツ女子好き、お胸好き、ショートカット好きなど、あらゆる方面のファンを獲得するその様は、中間1位も納得の逸材だ。ネット上にも、

《個人的に応援したい 健康的なボディーこそ至高》
《本当に強い子が出てきたのは 素晴らしく良い事ですね》
《とんでもない逸材を見つけてしまった》
《健康的なカラダによく映えます!》
《世界にはこんな凄い娘がいるのに自分には縁がないって見てて辛くなってくるレベルで逸材》

など、彼女を絶賛する声が並んでいる。

「今回の『ミスマガ』は全体的にレベルが高い年だと思います。注目はこの山岡と、芸能活動初挑戦の事務所無所属ながら、透き通るルックスとグラビア映えする〝神ボディー〟を持った19歳・金澤日風実。そのクオリティーは早くも人気を博し、活動継続を望む声が殺到しています。おそらく、すでに複数の事務所が獲得に動いていることでしょう。残念ながら、金澤の目標はランジェリーブランドのプロデュースであり、今後の活動に関しては揺れているようですが…。山岡と金澤はSNSでやりとりするなど仲も良さそうなので、2人が同時グランプリなんて異例の結果になってくれると嬉しいのですが」(グラビア誌ライター)

11月には17歳を迎える山岡。すでに高いクオリティーだが、今後の伸び代にも期待だ。

【あわせて読みたい】