『ナイナイ』矢部も知らなかった!? 無名に“棒演技”…いまいちな朝ドラ俳優

『ナイナイ』矢部も知らなかった!? 無名に“棒演技”…いまいちな朝ドラ俳優

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

俳優の登竜門と呼ばれ、出演をキッカケにブレークする芸能人も多いNHKの朝の連続テレビ小説。しかし出演したものの、ブレークにいたらなかった俳優も多いようだ。

松下洸平は、2019年9月から2020年3月まで放送された『スカーレット』で主演・戸田恵梨香の夫役を務めた。放送時は「塩顔イケメン!」と世の奥様方を虜にしたのだが、最近では「イマイチパッとしない」と言われてしまっている。

松下は2008年にシンガーソングライターとしてデビューし、その後は舞台やミュージカルで修行を積む。『スカーレット』にて苦労が実って、めでたく〝発掘〟されたのだが、その後の活躍は右肩下がりと言えるだろう。

今年1月、松下は『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の新メンバーに抜擢された。しかし『ナインティナイン』の矢部浩之や『NEWS』の増田貴久は、新メンバーとして華々しく登場した松下を見てもポカン顔。視聴者からは、顔どころか名前も知らなかったのかと勘繰られており、

《スタジオにいたレギュラーメンバーでさえ誰?って空気じゃん》
《名前も顔も初めましてなんだが… この人俳優?》

などと言われている。

“偽野内”や初の外国人ヒロインもブレークせず?

2018年10月から2019年3月まで放送されていた『まんぷく』に出ていた大谷亮平も、あまり活躍していない俳優として名前があがる。「まんぷく」出演後は、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)や『恋はDeepに』(日本テレビ系)、『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)など数々のドラマに出演している。

しかし大谷の〝棒演技〟は朝ドラ放送時から

《どのドラマで見ても世界線繋がってんのかと思うくらい棒演技》
《いつも同じ髪型に同じ口調、どうにかして?》

などと囁かれており、コアなファンの獲得にはいたっていないようだ。

一部の視聴者からは、顔が似ていて演技力の高い竹野内豊を引き合いに出して〝偽野内〟と不名誉なあだ名もつけられている。

連続テレビ小説で初の外国人ヒロインを演じたシャーロット・ケイト・フォックスも、メディアで見かけなくなった俳優の1人。シャーロットは2014年9月から2015年3月まで放送されていた『マッサン』に出演していた。ただ「マッサン」で話題になって以降目立った出演はなく、2018年に結婚して表舞台から姿を消している。

シャーロットは19年10月に第一子を出産しているため、現在は子育てに奮闘しているようだ。とはいえ出産・子育てで芸能界からフェードアウトしてしまうと、芸能界への完全復帰は難しいものかもしれない。

人気に火がつくタイミングは、芸能人によってまちまち。彼らが今後、〝ブレーク朝ドラ俳優〟の仲間入りを果たす日を心待ちにしていよう。

【あわせて読みたい】