小山田圭吾を超える!? 暴行に窃盗…“ヤンチャ自慢”が痛すぎる芸能人たち

小山田圭吾を超える!? 暴行に窃盗…“ヤンチャ自慢”が痛すぎる芸能人たち

(C)まいじつ 

東京オリンピック・パラリンピックにて、開会式の楽曲担当に任命されていたミュージシャンの小山田圭吾。しかし、過去に自身が発言した〝イジメ自慢〟が蒸し返されて大炎上したのはご存じのことだろう。

問題の発言は、音楽雑誌『ROCKIN’ON JAPAN』1994年1月号に掲載されたインタビュー記事でのこと。記事内で小山田は小学生時代に、障がい者の同級生へ悲惨なイジメを行っていたと語っている。この情報がネットで拡散されると、《日本の恥》《起用した組織委員会も大概だわ》といった批判の声が殺到。小山田は五輪から辞任を発表している。

このように過去に起こしたヤンチャが世間に広まり、悪い意味で注目を集めた芸能人は小山田だけではない。本稿では、そんな〝ヤンチャがバレた芸能人〟を数名ピックアップし、痛々しい武勇伝と共にご紹介していこう。

『仮面ライダークウガ』(テレビ朝日系)を皮切りに、さまざまな作品で主演を務めるトップ俳優・オダギリジョー。彼は2005年ごろのテレビ情報誌のインタビューにて、学生時代の飲酒を告白している。また飲酒だけでは飽き足らず、酔っぱらった勢いに任せて、カラオケ店内でモニターなどの機器を破壊したという。ヒーローのイメージが台無しになるような武勇伝を語り、当時のネット上ではアンチが沸くほどに炎上していた。

イメージを覆す最悪な武勇伝の数々

過去のヤンチャ自慢など古い文化のようにも思われるが、実は若手俳優も負けていない。甘いマスクで人気を博す俳優・横浜流星は、2020年1月放送の『スッキリ』(日本テレビ系)出演時に意外な一面を暴露。学生時代は〝ヤンチャ〟であったことを自称し、教師から「校内放送で呼び出される」という行為をステータスにしていたと語っている。

前述の2人よりは格段に印象の薄いエピソードであることは間違いない。この告白は、ヤンキー気取りの〝勘違い系男子〟が陥りやすい、見ている方が恥ずかしくなる共感性羞恥系武勇伝といえるだろう。

最後に紹介する人物は、芸能人ヤンチャエピソードの頂点に君臨するタレント・あびる優。彼女は2005年2月放送の深夜番組『カミングダウト』(日本テレビ系)にて、過去に集団窃盗でお店を閉店に追い込んだ衝撃の事実を告白している。

その後、多方面からの批判や抗議が相次ぎ、あびるは数カ月という短期間だけ芸能活動を自粛。しかも彼女の告白が原因なのか、番組自体も同年3月をもって打ち切りになった。お店だけでなく番組をも終了に追い込む彼女こそ、ヤンチャエピソード界の〝レジェンド〟の名が相応しいと言える。

人生を振り返った時、少し道を外れていた時期がある人もいるだろう。しかし、それを武勇伝のように語るのはナンセンス。芸能人たちはそのダサさを、身をもって教えてくれているのかもしれない。

【あわせて読みたい】