『NGT48』暴行事件から約2年半…悲惨な現在地「イメージ失墜」「知名度消滅」

『NGT48』暴行事件から約2年半…悲惨な現在地「イメージ失墜」「知名度消滅」

(C)Kues / Shutterstock 

2018年に起きた暴行事件で、すっかりアイドルグループとしてのイメージが失墜してしまった「NGT48」。同グループは今も存続しているのだが、残されたメンバーはどのような活動をしているのだろうか。

まず現在のメンバーは、1期生12名、2期生12名、ドラフト3期生4名の合計28名。一時期バラエティー番組などに引っ張りだこだった、荻野由佳や中井りかといったメンバーも相変わらず活動中だ。今年6月には、6枚目のシングルとなる『Awesome』をリリース。センターは今回が初の抜擢となる、2期生の小越春花が務めている。

ちなみに表題曲の「Awesome」は、新潟県のダンスフェスティバル『にいがた総おどり』とのコラボレーションソング。今年9月に開催が予定されているイベントで、当然「NGT48」もライブパフォーマンスを行うそうだ。

他にも「NGT48」の2年振りとなる冠ラジオ『NGT48のえっさこいさRADIO』が、新潟のFMラジオ局『FM-NIIGATA』で始まるなど、なんだかんだと活動を続けている様子。全国区の地上波テレビ番組などではほとんど姿を見なくなったが、以前にも増して〝地域密着型のアイドルグループ〟という色合いが強くなった印象だ。

小山田圭吾の騒動でNGT48暴行事件が再燃?

2018年の暴行事件を巡る経緯を振り返ると、この年の12月に当時在籍していた山口真帆が、ファンの男性2人に襲われる事件が発生。翌年の1月に山口が、自身のツイッターで被害に遭ったことを告白し、世間に周知されることとなった。さらに彼女は、暴行を行った被疑者男性2名と、「NGT48」の一部メンバーが繋がっていることを示唆。運営側の隠蔽体質な対応も火に油を注ぎ、大きな問題となった。

そんな「NGT48」暴行事件が、約2年半が経った現在になって再燃しつつあるという。きっかけはミュージシャン・小山田圭吾が、東京五輪の楽曲担当を辞任するにいたった一連の騒動。彼が過去に雑誌などで告白した「イジメ」に関連して、ツイッター上では「#NGT48暴行事件」というハッシュタグと共に、事件を振り返るツイートが続々と投稿されている。

ちなみに「NGT48」の現在の人気度はというと、過去の暴行事件以外はほとんど話題にならないレベルで悲惨。かつては一般知名度もあった中井りかのYouTubeアカウントも、7月21日現在のチャンネル登録者数は約1万人で、動画再生数は5000回に届くかどうかも怪しくなってきている。

なぜ存続できているのか不思議なレベルの「NGT48」だが、彼女たちのイメージが回復する日は来るのだろうか。