好感度の高い「残念系女子」として有村藍里にブレイクの予感

(C)Shutterstock

8月23日放送の『ホンマでっか!?TV 夏の超ぶっちゃけ祭り』(フジテレビ系)に女優の有村架純の姉でグラビアアイドルの有村藍里が出演し、そのネガティブな発言が話題となった。

藍里は番組内の『結婚に向かない美女18人診断』というコーナーで、アンケート中に、「自分を好きになってくれる人なんていない」や、「男女関係なく、まず疑いから入っちゃうから、好きとかの感情に至らない」といったような発言をした。

これに対してお笑いコンビ『ブラックマヨネーズ』らが「しゃべる瞬間だけ冷房が強くなってる(ぐらいに心が冷たくなる発言)」、「あと3年もすると連絡が取れなくなる(ぐらい人とのつながりが無くなりそう)」と突っ込みを入れざるを得ない状況だった。

そして藍里は最終的に、最も結婚に向かない女性として峯岸みなみとともに選ばれてしまった。これらの発言に対し、ツイッターでは、《妙に魅力的、どこか惹かれる》、《可愛いと思うし普通に好き》など、藍里を応援する投稿が多数見られた。

最近の藍里は『恋んトス』(TBS系)で優しい性格の一面を見せるなど、徐々に好感度を上げていっていることが功を奏しているようだ。

 

妹から許可を得た?

有村藍里は過去に、『新井ゆうこ』という芸名を名乗り、有村架純の姉ということを隠して芸能活動をしていた。しかし、一部スポーツ紙で架純の姉であることが暴露されたあと、今年3月に芸名を本名と同じにして、架純が妹であることを公表した。

この動きに対しは、妹の便乗ではないか、NHKの朝の連続テレビ小説に主演する妹の活動の邪魔になるのではないかと批判を浴びていた。

しかし、8月17日放送の『得する人損する人』(日本テレビ系)では、有村架純が姉とのエピソードを普通に話していたことが放送されている。妹が迷惑しているというイメージも払しょくできそうである。

ここしばらく、加藤紗里や松居一代など、炎上して話題になることを狙う女性が多いなか、藍里は違うパターンで“残念系女子”としてブレイクする可能性も出てきたのではないだろうか。

 

【画像】

melis / Shutterstock

【あわせて読みたい】

有村架純の姉・藍里「過激写真集発売イベント」で堂々と妹に便乗

「スッキリ!!」が水卜麻美アナを起用する本当の狙い

しくじり先生終了「オリラジ中田を干すため説」の真偽

絶縁を噂されていた有村架純&藍里が突然の「仲良しアピール」

「かわいい」「不気味」ローラが出演するCMが賛否両論