「27時間テレビ」放送日と元SMAP3人の独立日が重なる意味

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

毎年夏の恒例だったフジテレビ『FNS27時間テレビ』は、今年の放送が8月ではなく、9月9日に放映される予定だ。この日は『SMAP』のデビュー日に当たり、なおかつ稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の3人が契約切れでジャニーズ事務所を退所し、独立する日でもある。

「SMAPファンたちは複雑な思いでいますよ。1991年9月9日、『Can’t Stop!! -LOVING-』でCDデビューしたSMAPは、この27時間テレビと非常に縁が深いですから」(ジャニーズライター)

2014年には、SMAPが総合司会を務めた上、番組全体のテーマソングはSMAPの『Top Of The World』。さらに、キャッチコピーは『武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』だった。27時間の放送中はSMAPはほぼ出ずっぱりで『生前葬』という衝撃的な番組コーナーからはじまり、大御所タレントとのトークコーナーやアニメ『サザエさん』ともコラボレーションしていた。さらに、番組の最後には45分間の生コンサートを行うという鉄人ぶりを見せ付けたのだ。

この年の27時間テレビは、平均視聴率が前年の9.8%から13.1%へと上昇。瞬間最高視聴率は23.8%を記録して、視聴率の不調にあえいでいたフジテレビ関係者を安堵させた。

「ライブのとき、中居正広が疲労困憊で踊れなくなり、座り込んで水を飲む場面で草彅が『大丈夫か』と励ましにいくなど、SMAPファンならずとも忘れられない感動的なシーンがたくさんありました。ライブ会場からフジテレビに歩いて戻っていくときに、元メンバーの森且行からの手紙が読まれて、メンバー全員が涙ぐんでいたシーンは、もはや伝説と化しています」(同・ライター)

今年は深夜の名物コーナーだった『さんま・中居の今夜も眠れない』がない。明石家さんまはラジオでコーナーが行われない理由を次のように説明した。

「実は『さんま・中居』だけは、やりたいって言ったんですけども、いまはジャニーズ事務所側も『いまはちょっと中居を生放送でさんまさんと絡ますのは…』ってことでペケになったんです」

 

去年の27時間テレビでさんまがもたらした惨状

放送日の9月9日が、奇しくも稲垣らがジャニーズ事務所を去る日であるため、あらかじめジャニーズ事務所がさんまの口を封じたと見る向きは多い。昨年の同コーナーでさんまは中居に執拗にSMAPの解散事情について聞き、特番でSMAPと共演した際のメンバーの関係悪化ぶりを暴露した。

さらに、「なぜ歌番組に出ないのか」、「なぜ新曲を出さないのか」と畳み掛けるように追求して、ジャニーズ事務所内の派閥抗争や、「(元SMAPマネジャーの)Iさん(番組では実名)はいま、何をしているねん」と中居に聞き、たじたじとなった中居が「いま、このテレビを見ていると思います」と返すのがやっとという“放送事故”となってしまった。さんまは当時、タブーとされていたIマネジャーの名前に生放送で触れるという“離れ技”をやってのけ、スタッフやジャニーズ関係者を困惑させたのだ。

「3年前に45分間で27曲を歌い、5人がフィナーレで輪になって涙したのが昨日のようです。SMAPに縁深い27時間テレビらしい放映日だと思うので、何かサプライズがあったらうれしいです」(SMAPファン)

意味深な放送日、何かが起こるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】

石原さとみが24時間テレビで「神対応」連発と大好評

24時間TVでマラソン完走のブルゾンちえみが見せた「芸人魂」

※ マツケンサンバの振付師・真島茂樹が「松平健との交際」告白

※ 見ていられない!?「警視庁いきもの係」の視聴を諦める人が続出

※ 水谷豊が「新相棒役」に驚きの候補を検討中