世界が注目するロシアの「UFO情報開示」

スティーブン・バセット氏

『パラダイム・リサーチ・グループ・インターナショナル』(PRG)のエグゼクティブ・ディレクターで、アメリカでエイリアンとUFOの情報公開のロビー活動をしているスティーブン・バセット氏は、ロシアの当局者とUFO情報開示の交渉中だという。

そのバセット氏が8月下旬にPRGのサイトなどで、次のように明かした。

「わたしは5月3日から10日までモスクワで、旧ソ連とロシアの軍事機関や当局者とUFO情報開示についての会合を繰り返しました。アメリカはUFO情報を隠蔽していますが、プーチンはUFOの存在を認めています。プーチンこそがUFO情報を開示する世界初の大統領となるでしょう」

この会合の一部はロシアのドキュメンタリー番組として、ロシアで放送される予定だという。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領自身が、公の場でUFOの存在を認める発言をしたことはない。しかし側近に、「イギリスのエリザベス女王はレプティリアン(爬虫類型エイリアン)だ」と明かしたという話は有名だ。

 

ロシアが情報開示したらアメリカも黙ってはいない

オカルト事情通は「アメリカのドナルド・トランプ大統領は共和党で、UFOからの秘密テクノロジーを独占して大儲けしている軍産複合体が、共和党の大スポンサーです。そのトランプ政権からはUFO情報開示はありえないとして、バセット氏はプーチン大統領に情報開示の可能性を賭けたのでしょう。今回ロシアのドキュメンタリー番組の取材を受け、プーチンに情報開示を呼びかけているのです。プーチンは単なるお飾りの大統領ではなく、ソ連国家保安委員会(KGB)の時代からUFO情報をたくわえ、利用し、大統領の座を維持し続けているのですから」と指摘する。

もし、プーチン大統領がUFOの存在を公にすれば、トランプ大統領も黙っていないだろう。

「プーチンが『アメリカは情報開示が遅れてるな』とでもにおわせようものなら、トランプが逆上して、とんでもない暴露をする可能性もあります。バセット氏はそれを狙っているのです」(同・事情通)

果たして、世界初のUFO情報開示国はロシアになるのか。

 

【あわせて読みたい】

「悪者」木村拓哉が見直され始めている!? 

「ひよっこ」島崎遥香中心のストーリーが大不評

エヴァ芸人・桜 稲垣早希に「巨乳化失敗」の過去

「27時間テレビ」放送日と元SMAP3人の独立日が重なる意味

コード・ブルー「救命病棟24時」そっくり場面多発で視聴者困惑