『ぼる塾』の努力を台無しに!? デニーズのレシピ改変が物議「イメージ悪い」

『ぼる塾』の努力を台無しに!? デニーズのレシピ改変が物議「イメージ悪い」 

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

7月25日放送の『坂上&指原のつぶれない店』(TBS系)2時間SPに、専門家レベルの知識・技量を持つスイーツ大好き芸人『ぼる塾』田辺智加が出演。大手ファミレス『デニーズ』の新商品を開発したところ、思わぬ結果となって視聴者の同情を買った。

この日に放送されたのは「緊急企画! デニーズスイーツ部門 復活プロジェクト」という企画。以前からたびたび同番組でスイーツ製品の開発を行っている田辺が、「デニーズ」の依頼でババロアを開発することになった。田辺は自身思い出のババロアの味を作り出すため、名古屋にある『檸檬屋』というお店のアドバイスを受け、ババロアのレシピを考案した。

しかし、デニーズ側は「デニーズはセントラルキッチンで作らず、全メニューを店舗スタッフが調理しています。そのため、アルバイトが作っても味にムラができないよう、簡単な作り方に変える必要があります」「生クリームは使えないので、バニラアイス、ホイップクリームなどの配合を変えて、何度も改良しました」などとして、田辺のレシピを一部変更したのだった。

せっかくのオリジナリティーが消えたと物議

こうして紆余曲折を経たが、なんとかババロアの新メニューが完成。紅茶と桃を加えるという田辺発案のアイデアも、そのまま踏襲された一品となる。しかし、問題の生クリームは田辺が何度も試行錯誤を繰り返していたにもかかわらず、全く別のレシピに変更される形に。すると、四苦八苦した努力が無に帰したとして、視聴者から

《田辺さんのこだわりが消されてる》
《デニーズは出来ない出来ないばかりだな》
《ただ田辺さんと檸檬屋さんのレシピを流用して、下位互換品を生み出しただけの印象なんよ》
《田辺さんの名前を借りただけの「デニーズのババロア」に過ぎない》
《田辺ちゃんに頼んだ意味なくない? 何か偉そうやし》
《Twitter検索するとデニーズのイメージ悪く感じてる人多いね》

など、厳しい意見が噴出してしまった。

「田辺の努力は素晴らしいですが、試作は全て1人で行っているため、『全国の店舗で従業員が均一なクオリティーで作れるか』というファミレスに重要な点は、二の次になってしまった印象もあります。お互い言い分はあるでしょうから、デニーズ側が悪者のような印象を与えたのは編集の失態でもあるでしょうね。不景気の中、大事なスポンサーなのに…」(TV誌記者)

寛大な田辺のことだ。きっと「まぁね~」と笑い飛ばしてくれることだろう。

【あわせて読みたい】