BTSの楽曲にパクリ疑惑が浮上!「素人でも分かる」「言い逃れできない」

BTSの楽曲にパクリ疑惑が浮上!「素人でも分かる」「言い逃れできない」 

(C)Featureflash Photo Agency / Shutterstock

世界中から注目を集めている7人組グループ『BTS』。しかしここにきて、彼らの楽曲にパクリ疑惑が囁かれているようだ。

パクリ疑惑が浮上したのは、今年5月にリリースされた楽曲『Butter』。『ビルボード』にて、7週連続1位を獲得し、MV公開後14日と10時間で再生回数3億回を突破するなど、世界中で聴かれている楽曲だ。

「『Butter』は、軽快なリズムが特徴的な楽曲。MVではコーラスの盛り上がりに合わせ、映像がモノクロからカラーに切り替わります。メンバーのイメージに合わせた衣装が夏を連想させ、ドライブや海辺で聴けるような明るい仕上がり。もちろん若者人気も絶大で、リリース直後から『TikTok』で音源として使用されています」(芸能ライター)

BTSの『Butter』はゲームBGMからの盗作?

世界的ヒットを記録している同曲だが、7月19日に韓国のコミュニティサイトに『「Butter」盗作疑惑が浮上』というタイトルの投稿が書き込まれ、状況が一変。投稿者は「サンプリングのレベルではなく、同じメロディーに聞こえる」と当該楽曲のYouTubeリンクを共有している。

実際に聴き比べたネットユーザーからは、

《これはパクリ疑惑が出ても仕方ないレベル》
《素人が聴いてもどうせ分からないだろうと思って聞いてみたけど、まんま過ぎた…》
《一部を真似るのはしょうがないとしても、ソックリなら問題だ!》
《こじつけの盗作疑惑だろうって思ってたけど、これはクリソツ。流石に笑うしかない》
《言い逃れできないレベルでまんまだな?》

などの声が続出しており、「BTS」への不信感が募っている人も多いようだ。

「元ネタになったと思われるのは、『KONAMI』のゲーム『MONSTER IN MY POCKET』のサウンドトラックです。当該楽曲は『Butter』のような軽やかなサウンドではなく、電子音で表現された昔ながらのゲームBGM。両極端な印象を受けますが、パクリ疑惑が浮上してからネット上では聴き比べる人が続出し、7月20日には同楽曲の作曲者である中村康三氏がブログにてコメントを発表する事態に。中村氏はブログ内で《聞き比べてみるとうーん、確かに似ているなと思いました》《まぁ偶然同じようなメロディーが出てきたのかと思いますが、面白いことがあるもんだと関心!》とコメント。中村氏は楽曲の権利はゲーム会社の方にあると明かし、静観する姿勢を見せていました」(同ライター)

コード進行やメロディーラインが似る事は、海外だけでなく日本の音楽シーンでもよくあること。今回のパクリ疑惑を盾に「BTS」アンチが無駄に騒がなければよいのだが…。

【あわせて読みたい】