明石家さんまの“瀬戸大也イジり”が物議「芸人ちゃうぞ」「前時代的」

明石家さんまの“瀬戸大也イジり”が物議「芸人ちゃうぞ」「前時代的」 

(C)まいじつ 

明石家さんまが7月27日、日本テレビ系の東京五輪中継で、競泳の瀬戸大也選手をイジって話題になった。「さんましか言えんだろ」と驚く声もあれば、「良い事と悪い事の区別がつかない」との声も。視聴者の賛否は分かれた。

さんまは有働由美子、平泳ぎの渡辺一平選手と3人でトーク。有働は女子200メートル個人メドレーで、大橋悠依選手が全体5位で決勝に進出したことに触れる。

「2つ目の(金)メダルも懸かってるわけですけれども…」とさんまに話を振ったが、さんまは「期待やけれども…とにかく僕は瀬戸大也君に…まだワンチャンスあるんで、もう本当に頑張ってほしい」と急に話題を切り替えた。

不倫話を蒸し返し「奥さんの胸に飛び込んでほしい」

有働が「うん」と相づちを打つ中、さんまはこれまで2種目で決勝進出を逃し、最後の種目・200メートル個人メドレーに懸ける瀬戸選手の話を続けた。

「今はやっぱり…ね。奥様がなぐさめてあげてほしいので、奥さんの 胸に飛び込んでほしい」と瀬戸選手の不倫ネタを蒸し返す。有働は苦笑いしながら「なるほど」と口に。渡辺選手は「ふふふ」と歯を見せたが、直後さんまはカメラの外に視線をやり「あ、すんません」と苦笑いしながら右手を頭にやった。

有働は「大橋さんの泳ぎを見てまいります」とさんまのイジりをスルー。本多灯選手(男子バタフライ)、瀬戸選手、大橋選手の泳ぎを振り返った。

さんまの発言は一部スポーツ紙でも報じられたが、これに対する意見は割れている。

《なんで不倫された挙句、本業もコケた夫を妻が慰めないといかんのじゃアホか さんまさんのこういう前時代的な男女感が苦手なんだよなあ》
《明石家さんまの瀬戸大也へのコメント「奥さんの胸に飛び込んで欲しいです」明石家さんましか言えんだろこんなことw》
《さんまさん何言っとるかwww 瀬戸大也くんは奥さんの胸に飛び込んでほしい》
《さんま、やたら瀬戸大也の浮気の話チラつかせるやん。お笑い芸人ちゃうぞ》
《さんま「瀬戸大也くん、いまは奥さんの胸に飛び込んでほしい」コメントが完全にスルーされて、すぐさま別の話題へ…》

批判に負けず、いつもの調子でやってほしいものだ。

【あわせて読みたい】