論破王・ひろゆきのメッキが剥がれた!? 斬新すぎる主張に失笑「恐怖を感じた」

(C)Leonard Zhukovsky / Shutterstock 

〝F爺〟こと言語学者の小島剛一氏から論破されるも反論を続け、とうとう論破王のメッキが剥がれてしまった〝ひろゆき〟こと西村博之氏。名誉挽回のために自身のYouTubeで野球について持論を展開したのだが、むしろ嘲笑を浴びる結果になってしまったようだ。

「今までは論破王の異名をほしいままにしていたひろゆきですが、SNSが身近になったことで専門家から論破されてしまうことも増えている様子。特に言語学者の小島氏とフランス語の〝Putain〟の解釈について討論し、論破されてからは、ネットユーザーのおもちゃにされているようです。頑なに自分の非を認めないので、叩き甲斐があるのでしょう」(WEBメディア編集)

そして今回話題を集めたのは、7月22日に行った生配信で西村氏が提唱した新たな時速の概念。配信の中で西村氏は、リスナーから寄せられた「時速は本当に正しいのか?」「誰も確認したことないのに野球で時速何キロと表現するのはおかしい」という趣旨の質問に対して持論を展開していく。