オードリー春日にモラハラ疑惑! 妻の“密告”に騒然「こんな男イヤだ」

オードリー春日にモラハラ疑惑! 妻の“密告”に騒然「こんな男イヤだ」 

(C)まいじつ 

7月24日深夜に放送されたラジオ『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)。そこで春日俊彰に妻への〝モラハラ〟疑惑が浮上し、ファンをザワつかせていた。

コトの発端は、オープニングトークの終盤。若林正恭が春日に、希望の冷房温度を聞いたことがきっかけだった。春日は「日によって違うからあれだけども、まあできれば24(度)とか?」と答えるのだが、若林はその答えに不服そうな様子。

どうやら若林はエアコンを26度に設定しているのだが、トイレから帰ってくるといつも24度に戻っているという。若林は「体温調節があるんだろうね」「筋肉量かな?」などとぼやきながらも、春日のエアコン設定温度を黙認しているらしく、夏場でもカーディガンを持ち歩いていると明かしていた。

クミさんによるモラハラ密告にネット民騒然

しかし番組終了間際、春日の妻である〝クミさん〟から若林に直接LINEが。クミさんによると春日は自宅でエアコンの温度を28度に設定していて、暑がっていても勝手に電源を切ることもあるという。

春日は「なんで送ってくるんだよ、今…」とぼそっと呟くが、すかさず若林は「どういうことなの、それは。家では28度で、楽屋では24度って」とツッコミ。「いや、やっぱり家ではあんまり…ねえ」と言い淀んだ春日に、若林は「あっ電気代ってこと?」とワケを言い当て、スタジオは微妙な空気に包まれていた。

一連の流れを聞いていたリスナーやネットユーザーからは、春日への批判の声が集まっており、

《楽屋ではエアコンガンガンに下げるのに、家では電気代ケチってるって… 奥さんがかわいそう》
《モラハラ感がすごい。こういうところケチる男は嫌だなぁ…》
《奥さんが暑がってるならエアコンつけてあげたらいいのに》
《エコかと思いきや外ではガンガン温度下げてるのか… それはちょっと引くなあ》
《スタジオでは低い温度にするのって、電気代払わないで涼しく過ごすためかよ…》

などと言われてしまう事態に発展している。

とはいえ、春日は〝貧乏キャラ〟や〝ビジネス貧乏〟として地位を確立してきた芸人。もしかすると今回の話も、クミさんを巻き込んだ〝キャラ演出〟だったのかもしれない…。

【あわせて読みたい】