池江璃花子“混合メドレー”出場に疑問「電通のゴリ押し」「適切だった?」

池江璃花子“混合メドレー”出場に疑問「電通のゴリ押し」「適切だった?」

(C)まいじつ

競泳日本代表の池江璃花子が7月29日、競泳混合400メートルメドレーリレー予選に出場。白血病から復帰して挑む2度目の五輪だったが、残念ながら決勝進出はならなかった。

予選2組の第2コースで登場した日本は、中国、オーストラリアなどと競り合うも、3分44秒15で6位、全体では9位に終わり、決勝進出はならなかった。

新種目として採用された混合メドレーリレーは、男女2人ずつ泳ぎ、男女をどの種目に起用するかはチームの戦略次第。日本はアンカーに池江璃花子を起用したが、決勝進出ラインから0.21秒差でまさかの敗退となった。

池江璃花子のアンカー起用に疑問の声

池江の起用法に、ネット上では

《池江選手が悪いわけじゃないけど、やっぱり今回のオリンピック女子競泳の主役は大橋選手だよなぁ。混合リレーなのに池江選手ばかり取り上げるのもどうかと思う》
《本人は本当にぎりぎりの努力を続けてきての五輪のステージ。立派の一言! でも、どことなく漂う電通によるゴリ押し感だけは残念だわ》
《池江さんまだ再発の可能性があるし、期待し過ぎて体力的精神的に負担かけない方がいいのでは? リレーに出られるようになったのは素晴らしいことだけど、扱いが別格なのは違うと思う》
《電通案件抜きにして池江さんはメンバーとして適切だったの? しかもわざわざアンカーに起用して…》
《五輪ではまだ未知の選手。奇跡の復活ストーリー押し付けに辟易します。他の選手へのリスペクトは?》

などといった疑問の声があがっている。

「メンバー構成については、さまざまな意見がありますが、監督が個々の体調やタイムを考慮し最善としたのですから、後は結果論ですね。平泳ぎの佐藤翔馬と池江がもうコンマ数秒でもタイムアップしていれば、決勝に進出できたかもしれませんが、こればかりは仕方ありません。第1泳者の背泳ぎ・小西杏奈が自己ベストを出していただけに、池江が後半にバテてしまったのが目立ってしまいましたね。いずれにしても、チームの中心に池江がいたことで、アンチから〝電通リレー〟などと揶揄する言葉が出てくるのも、ある意味仕方ないのかもしれません」(スポーツ紙記者)

今回の東京五輪では競泳陣の不振が目立っていることもあり、ファンもついつい批判的な声が出てしまったのかもしれない…。

【あわせて読みたい】