江頭2:50のYouTubeが低俗すぎる?『マクドナルド』ディスで大盛り上がり

江頭2:50 

(C)まいじつ 

テレビへの出演機会がめっきりと減り、今やYouTubeが主戦場となっているピン芸人の江頭2:50。しかしその動画内容も、プロの芸人とは思えないほどに質が悪いようだ。

江頭は7月23日に新たな動画を投稿。6月に投稿した『江頭55歳、初めてのマクドナルド』の続編として、コメント欄でおすすめされたメニューを実食していった。1品目のえびフィレオは蒸したバンズが口に合ったようで、なんと採点で110点をつける超高評価。しかし、続くダブルチーズバーガーには「ちょっとこれは…」「自動販売機で売ってるような…」と見た目から苦言を呈し、一口目から「パサパサして…これは全然うまくない!」と酷評した。

その後も「ピクルス、これが死んでるんだよ!」「犬が食いそうな肉!」「まずっ!」と貶し、マックグリドルソーセージも「買おうとは思わないけど、まぁ、貰ったら食べてやろうか」と切り捨てる始末。「(ダブルチーズバーガーを貰ったら)捨てるよ」「ダブチは最悪! 絶対食べるなよ!」と視聴者に呼びかけたほか、「モスのてりやきが断然うまい」とライバル店まで上げたのだった。

下品ユーチューバーのような江頭2:50のコメント欄

終始フリーダムな動画内容に乗っかったのか、視聴者からは

《ピクルスが死んでいるは分かる》
《ダブチ辛辣すぎて爽快だった》
《確かに、ピクルス死んでるんですよ!》
《底辺な味をたまに体が欲してマック行ってしまう》
《バンズがパサパサしてるときあるよね笑》
《私も基本フィレオフィッシュしか食べなくて、ダブチはマズいまでいかないけど苦手》
《マックはたまーに食べるとあの雑な味と食感がジャンクフードって感じ》
《エガちゃんの好感度も上がるし、マックの好感度も上がるし、ついでにモスバーガーの好感度も上がる、誰も損しない動画》

といった意見が。マクドナルドを貶してはしゃぐという、下品なユーチューバーのようなコメント欄になってしまっている。

「江頭は〝元祖・炎上商法〟とも言える男ですからね。正当なネタや喋りで勝負できないから、あのような悪目立ちの芸風に逃げているわけで、奇抜なことや逆張りで『まずい』だのと騒ぎ立てるのも『さもありなん』という感じです。囲いの視聴者も、そんな彼を持ち上げる輩ばかりですから、コミュニティー全体が下品で内輪ノリになるのも当然の帰結でしょう」(お笑いライター)

江頭よ、一体どこへ行く――。

【あわせて読みたい】