競泳・瀬戸大也の“不調”は妻が原因? 過剰な幸せアピールにウンザリ…

(C)katacarix / Shutterstock

東京五輪競泳日本代表・瀬戸大也が7月30日、競泳男子200メートル個人メドレー決勝に出場。1分56秒22で4位となり、惜しくもメダルを逃した。3位とはわずか0.05秒差だった。

今大会で1つのメダルも獲得できなかった瀬戸だが、気分は晴れ晴れとしたようで、「今できるコンディションの中で全力は尽くせた。もっと良い結果をイメージして頑張ってきた中で、自分の思い通りにはいかなかったが、素晴らしい大会だった。開催されるか分からない中でも、活躍できる場を頂けて、もっと活躍したかったが、今できる精一杯の事はやれたので、すっきりしています」と笑顔を見せた。