「冷静派」フット後藤をこき下ろす「情熱派」坂上忍に批判

(C)まいじつ

8月24日に生放送された情報番組『バイキング』(フジテレビ系)では、激怒するMCの坂上忍と、冷静な『フットボールアワー』の後藤輝基の温度差の違いが垣間見れた。

後藤が進行するコーナーで、ビートたけしがハーフタレントに苦言を呈した記事が紹介された。

たけし曰く、「最近のバラエティ番組には、ハーフの見た目の良い奴が必ず出演している。タメ口で何でもいいから、しゃべればいいと思っているんだろう。こないだ(タメ口でたけしと接するハーフタレントに)怒鳴り散らしちゃったよ」とのことだった。

ハーフタレントの”タメ口問題”について坂上はたけしに賛同。「僕はくだらないタメ口を使われたら、その人に(話題)振る回数が減る」と話し、生放送でも説教すると発言した。反対に後藤は、「イラっとしないと言うと嘘になります」と前置きしつつ、「自分はめっちゃドライなんですよ。腹立つ奴とかあかん奴は淘汰されていくじゃないですか。ただそれを自分は待っているだけ」と、冷静に対応すると言う。

 

「後藤はゲストを見下している」と坂上が指摘

坂上は「僕と後藤君はタイプが違う」と、一人一人の人間性を見て接したい考えを示した。後藤のことは「どんなゲストが来ようと、最初は、ゲストのことを『うんこ』だと思っている(見下している)んだよね?」といじると、スタジオ内から爆笑が起きた。後藤は天井を見やりながら大笑いしていたが「誰がやねん!」と坂上に言い返した。

そんな後藤を無視して、坂上は、ゲストのほうに向かって「そのうち、この人には興味があるなと思ったら、(『うんこ』から)その人が人間の顔になっていく」と説明。「違うわ!」と後藤は必死に否定していたが、最後は「(『うんこ』だと思うのは)岩尾(望)だけ」と相方をオチに使って笑いを誘った。

番組を見ていた視聴者はネット上で《坂上忍は器が小さくフット後藤は器が大きい。ただそれだけの差》、《炎上しちゃってましたね》、《昼に「うんこ」って抗議したくなる》などと沸いた。

坂上は視聴者とも「タイプが違う」と意見を一蹴するのだろうか。

 

【あわせて読みたい】

坂上忍の政治家への皮肉に「失礼」「礼儀知らず」と批判続出

「黄色は止まれ?」勘違いしがちな交通取り締まりルール3選

「嘘ツイート」連発のバレたクロちゃんのアカウントが炎上

坂上忍「卑劣な二枚舌」番組レギュラー宮迫の不倫騒動を全力擁護

10代が選ぶ「父親にしたくない俳優」1位は納得のあの人