『シンパイ賞』ぼる塾の“無言生活”に賛否「かなりイイ」「意味わからん」

『シンパイ賞』ぼる塾の“無言生活”に賛否「かなりイイ」「意味わからん」 

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock

8月1日放送の『爆笑問題&霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)で、『ぼる塾』のメンバー2人が無言で生活する様子に驚きが広がっている。

「ぼる塾」のきりやはるかと田辺智加は、売れ始めてからルームシェア生活を開始したというが、一緒に住むようなってから田辺に元気がないとあんりが指摘する。番組はきりや、田辺の自宅での暮らしぶりに密着した。

20分差で家に帰り、リビングでくつろいだ2人だったが、田辺はマスクを着けたまま、きりやは「あごマスク」のままで一切会話を交わさず。20分経過してから「間違えた」と2人同時に笑い始めた。2人はリビングで時間をともにしていたが、生活に関するやりとりを全てLINEでかわしていたのだ。

家にいるのに無言…LINEでやりとり

その後、田辺が食事、きりやが大量の酒を口に入れた。酒に酔ったきりやはツイッターの裏アカウントで「病みツイート」を始める。これに気付いた田辺がLINEでアドバイス。きりやがメンタルを持ち直すと、田辺が「私そろそろ寝るわね」、きりやが「おやすみなさい」とLINEで会話をかわして田辺は寝床についた。

視聴者は終始無言の2人に驚いたものの、メッセージアプリでやりとりしながら無言で生活するのも悪くないと2人に共感している。

《ぼる塾、同じ部屋にいてLINEでしか会話しないとかスゴい… 話した方が早いやんって思うけど 色んな人がいるんだなー》
《ぼる塾の田辺さんときりやさん同居してるのに会話がLINEのみって何www》
《ぼる塾の2人一緒に住んでるのに会話すべてLINEって凄いなw》
《LINEでの会話も履歴残って後で読み返せるからいいよね》​​
《ぼる塾、LINEでのやりとり悪くはないよな。同居間での感染対応としてはかなりいいじゃん》
《同じ部屋でLINE、意味わからんww》
《対面会話控えるのにLINEはめっちゃアリでは》

若い世代ならではの新たなコミュニケーションが垣間見れた瞬間だった。

【あわせて読みたい】