『ナニコレ珍百景』に“鉄オタ”が猛ツッコミ!「解説間違ってないか?」

『ナニコレ珍百景』に“鉄オタ”が猛ツッコミ!「解説間違ってないか?」 

(C)kiuikson / Shutterstock 

8月1日放送の『ナニコレ珍百景』(テレビ朝日系)で、番組側の鉄道に関する説明に間違いがあったのではと視聴者が指摘している。

番組では、千葉県内の山中のある場所を紹介。スタッフが訪れた場所には、引退した鉄道車両28両が並んでいた。

中に入ることもできるといい、カメラは寝台や運転席にも潜入した。もともと養鶏場だったところに、男性が個人で10年かけて車両を集めたといい、多くの人の憩いの場となっている。

ここでナレーターは列車の車両に書かれた「モハ」と「キハ」の意味を教えてほしいと、鉄道マニアとして知られる『中川家』の礼二に依頼した。

列車の「ハ」は2等車ではない?

礼二は快く応じ「『モハ』はモーター車の…昔は『イ』『ロ』『ハ』で1等、2等って言ったんで、2等車ですね。『ハ』ですから」と説明。番組側は「モハ」について、「モーター車の2等車(客車)」とテロップを入れた。続けて「キハ」について、礼二は「気動車の『イロハ』の『ハ』ですね」と説明。ここで「気動車の2等車(客車)」とテロップが入った。

礼二が答えた後、VTRで男性が「モハ」、「キハ」を解説。モはモーター、ハは客車で「キハ」は「気動車と客車」だと説いた。

しかし、視聴者は礼二の説明とテロップにツッコミを入れている。「イ」が消滅するまでは「イ」が1等車、「ロ」が2等車、「ハ」が3等車と呼ばれていて、「ハ」が「2等車」と説明するのは、やや言葉足らずなのではと指摘している。

《モハとキハのハって3等車じゃないの?》
《微妙に外れているw「ハ」は3等車だよ…》
《キハの「ハ」は、イロハのハやから、2等車じゃなくて3等車やけどな》
《礼二さんの解説間違ってないか? キハ、モハの「ハ」は3等車じゃね?》
《「キハ」のキは気動車のキ、「ハ」は普通車を表し、1・2・3等車を順にイロハで示したことに由来する旧3等車のこと。「モ」のモはモーター付車両のことです》

番組側には少なくとも、もう少し丁寧な説明をお願いしたかった。

【あわせて読みたい】