『モーニングショー』紹介の“渡韓ごっこ”に疑問の声「もしかしてヤラセ?」

羽鳥慎一 

(C)まいじつ 

8月2日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、若者の間で〝渡韓ごっこ〟が流行していると紹介。ネット上では「聞いたことがない」と、疑問の声が殺到している。

この日、番組では人気のかき氷やポテトを求めて、東京・新大久保のコリアン・タウンに若者が押し寄せていると紹介。韓国気分を日本で味わうことができるとして〝韓国に渡る=渡韓〟から〝渡韓ごっこ〟がブームになっていると報じた。

VTRでは若者たちが〝竜巻じゃがいも〟という特大のフライドポテトを頬張る姿や、かき氷の店に長い行列ができて〝密〟が発生している様子が映し出され、長引く自粛生活に若者がガマンの限界を感じていると紹介した。

『モーニングショー』の“偏向報道”に疑問の声

しかし、突如として登場した〝渡韓ごっこ〟という言葉に、ネット上では

《渡韓ごっこ? なんだそりゃ、またモーニングショーが意味不明の韓国推しやってるのか》
《この間新大久保行ったけど、テレビでやってたほど人なんかいなかったけどな。もしかしてまたヤラセ?》
《モーニングショーはどこからか渡韓を流行らせる指令でも受けてるのか?》
《渡韓ごっこ初耳です! ツイッターには全然アップされてないけどどーしてですかねw》
《「渡韓ごっこ」と称する言葉を爆誕させたモーニングショー。人が集まるのを猛然と批判しながら、韓国のためなら新大久保に人が集まるのを煽りまくってるのはなぜ?》

などと、「モーニングショー」の韓国〝ゴリ推し〟を疑う声が殺到している。

「番組ではいかにも大ブームが到来しているような紹介の仕方でしたが、実際はごく一部の韓国好きの若者が新大久保に足を運んでいるだけで、無理矢理〝渡韓ごっこ〟とキャッチーなフレーズを当てはめただけのようですね。同番組は先日も、番組をあげて新型コロナウイルスの恐怖を煽る方針を打ち出していたことが暴露されており、今回も意図的にブームを作り出そうとした疑いが持たれています」(ネットニュースサイト編集者)

〝渡韓ごっこ〟とは、なかなかキャッチーな言葉だが、番組の偏った報道姿勢に視聴者は辟易しているようだ。

【あわせて読みたい】