『TOKYO MER』佐藤栞里の演技に称賛「上手い」「中条あやみより…」

TOKYO MER~走る緊急救命室~ 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

8月1日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第5話が放送された。この回では、佐藤栞里がメイン級の活躍を見せ、ネット上ではその演技力に驚きの声があがっている。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

第5話では、喜多見の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)と妊婦を乗せたエレベーターが火災により急停止。乗り合わせた音羽と大物政治家・天沼夕源(桂文珍)と共に閉じ込められてしまう。音羽はすかさずMERを呼んだのだが、ここでさらなるアクシデントが。エレベーター内に煙が充満し、酸欠状態の中で妊婦の容態が急変。破水も起こして、緊急オペが必要になるのだった。

中条あやみより演技が上手い!

今までは、1話につき数分程度しか出番のなかった佐藤だが、この第5話では出ずっぱり。NPO法人のスタッフらしい優しい表情から一転、横柄な政治家に怒りをにじませるなど感情が大きく変化する難しい役どころだったが、ネット上では

《佐藤栞里って演技上手いんだね》
《佐藤栞里のちゃんとした演技初めて見たけど上手いと思う!》
《バラエティーのイメージ強くて最初は正直なんで妹役が佐藤栞里? 他にもいるのにって思ったけどいいね》
《意外と佐藤栞の演技があやみより上手い》
《佐藤栞里さんの演技、全く違和感なくて良い》

といった声があがっている。

このドラマには、菜々緒、中条、佐藤など元モデルの女優が多く出演しているが、バラエティーメインの佐藤が一番演技の評価を受けるとは…。これが本当のマルチタレントか。

【あわせて読みたい】