元SKE・松井珠理奈の“月額1万円サロン”にドン引き「オタクは金づる」

松井珠理奈 

(C)まいじつ 

グループ内でカリスマとして崇められていた『SKE48』元メンバー・松井珠理奈が、ソロ活動で迷走していると話題になっている。

8月1日正午、松井は自身のオンラインサロン『JURINA SCHOOL』を開設した。説明文によると、同サロンは《いつでもどこでも! JURINAをより近くで応援し〝共に〟交流できる 超プレミアムコミュニティ!!》で、《私のこれまでの活動をもとに感じたことや、今まで語っていなかった裏話をお話ししたり…》とのこと。タレント本人とファンとの密接な交流という、オンラインサロンとしては定番のスタイルが採用されている。

しかし、続く段落に躍るのは、《日々応援してくださっている皆様に楽しんでいただくだけではなく、これから芸能界やアイドルを目指したい方へのサポートとなるようなことを発信していきたいなと思います!》との文章。なんと、松井は元アイドルの立場として、〝アイドルの卵〟を育てる企画をはじめたのだ。

実用性が未知数のレッスンを月1万で…

詳しいその内容だが、どうやら動画学習の形を採るようで、《月に1回、ダンスや歌・その他アイドルに必要なレッスンを本人企画・考案のもと、動画でお届け!》とのPRが。また、他の企画は《サロン会員限定で毎月1回、生電話企画!》《オンライン交流イベントとして、サロン内でやりたいことの作戦会議としてなど皆さんを巻き込む企画を考案中》などと交流中心であり、アイドルを目指す女性とかつてのファン、2つターゲットがひとまとめにされてしまっている。

価格の方も、月額1万円と決して安くはない設定。一応、1期生と謳われた先着30名は4時間半で完売したが、この目的が不明瞭なサロン商法に、かつてのファンからは

《これは詐欺だろ 自分が儲けてないやつこそセミナーとかやりたがるよな》
《しくじり先生みたいに失敗談かアイドル活動のうち成功した一部分だけなら需要はあるけど、その理由を理知的に説明できると到底思えないから無価値に終わると思う》
《今の珠理奈から何を学ぶのかね》
《ちょっと前までSKEでセンターやってた気がするが 落ちぶれるって悲しいもんだな》
《オタクは完全に金づる扱いされてるね 俺の推しがこんなこと始めたら一気に冷めるわ》

などと厳しい声があがっている。

どれだけカリスマ扱いされても、グループ卒業後は冴えない活動になってしまうのが「AKB」系グループの定番ルート。加入当初から寵愛を受けてきた松井であっても、これは例外ではないようだ。

【あわせて読みたい】