『TOKYO MER』“政治家はバカ”発言が波紋!「現実の方がクソ」

TOKYO MER~走る緊急救命室~  鈴木亮平 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

8月1日、俳優・鈴木亮平の主演ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)の第5話が放送された。この回で、とんでもなく胸クソ悪い政治家が登場し、ネット上で物議を醸している。

事故・災害・事件の現場へ駆けつけ、患者を救命するために発足した救命救急チーム〝TOKYO MER〟のメンバーは7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)、そして厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)。命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく…。

第5話では、喜多見の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)と妊婦を乗せたエレベーターが火災により急停止。乗り合わせた音羽と大物政治家・天沼夕源(桂文珍)と共に閉じ込められてしまう。妊婦の体調が悪そうなため、涼香は音羽に容態を見てくれと求めるが、音羽が妊婦に近づいたとたん、天沼は「音羽! 何してるっ、あおげ! あおげ! 俺は重病人だぞ」と怒鳴り、妊婦の体調よりも自分の涼しさを優先させていた。

「現実の政治家の方がよっぽどクソ説」

さらにエレベーター内に煙が充満し、中が酸欠状態になった時にもトラブルが。3個だけある酸素マスクのうち、天沼が一個を独占。妊婦にも一つ与え、涼香と音羽が最後の一つを交互に使っていくことに。そんな中、妊婦の容態が悪化したために音羽は緊急オペをしようとするが、酸素が足りず、意識が朦朧としてしまう。たまらず天沼に酸素マスクを貸してくれと要求するが、天沼は苦しむ音羽を見ても完全に無視。音羽があと少しで倒れるところ、喜多見が駆けつけてなんとか事なきを得るのだった。

そのほかにも天沼は自分の身だけを優先させる横柄な言動を連発していたため、視聴者は激怒。

《ねぇ、政治家って本当こんなクズなん…?》
《ドラマなんだけどほんと政治家ってクソだな》
《政治家・上級国民をめちゃくちゃdisってる回ww》
《政治家ってなんでこんな偉そうなんだよ》
《MERのいけ好かない政治家をみて 今の日本の政治家って、こんなのしかおらんのんだろうなあって思ってしまいました》
《『TOKYO MER』の政治家はクソだけど、現実の政治家の方がよっぽどクソ説ある》

など、現実の政治家にも飛び火する大反響が起こってしまった。

ちなみにこの回では、「官僚っていうのはみんな優秀なものなのよ。でもバカなことをしなくちゃいけないものなの。命令する政治家がバカだから」なんて過激なセリフもあった。このドラマを見た人が、政治家に悪いイメージを持ってしまうのは当然だろう。

【あわせて読みたい】