有吉弘行の“不適切”発言に批判殺到「子ども虐待って…」「最悪だと思った」

有吉弘行 

(C)まいじつ

一流芸能人が自らの過ちを告白して償う人気バラエティー番組『有吉反省会』(日本テレビ系)。7月31日放送の同番組で、MCの有吉弘行が不適切な発言を繰り出し、ネット上で物議を醸している。

この日の番組では、反省人としてプロレスラーの葛西純が登場。過激なプレイスタイルから〝デスマッチのカリスマ〟と呼ばれている葛西だが、「かなりの痛がり」であることを告白した。また、娘の胡汰央(こたお)ちゃんにメロメロだという意外な一面も告白し、スタジオをどよめかせる。

有吉が胡汰央ちゃんに対して優しすぎるのではないかと話しかけると、葛西は「親は大抵こんなもん」とコメント。これに有吉は「葛西さんのイメージがありますから」「娘を虐待してる方がいい」という発言を繰り出すのだった。

毒舌ではなく問題発言! 視聴者から批判が殺到

葛西のイメージがあるにしても、児童虐待を推奨するような有吉のコメントに対して、ネット上では、

《冗談でもやめて。虐待…》
《ネタでも虐待は言わん方が良かったな》
《「虐待ぐらいしないと」っていう発言はバラエティーである程度台本はあるとはいえ、問題やと思うし、流したのもダメやと思う》
《胸クソ悪かった。有吉嫌いじゃないけど、最悪だと思ったし、それを収録なのにカットしない番組側もクソ》
《有吉その発言はあかんよ。娘を虐待するくらいじゃないとなんて絶対言ったらあかん》
《有吉反省会って収録だよね。子ども虐待ってクダリ流すか? もう少し考えた方が良いよ》

などの苦言が寄せられることに。問題の発言があった後、反省見届け人として出演している博多大吉が間髪入れずに「そういうことじゃない!」とフォローしていたものの、有吉の株はガクッと落ちてしまったようだ。

また有吉だけではなく、収録のため編集できるにも関わらず、この発言をそのまま放送した番組制作陣にも批判が集まっている。毒舌芸能人として名を馳せてきた有吉。ゲストよりも有吉が反省するべきかもしれない。

【あわせて読みたい】