『月曜から夜ふかし』聴いたら死ぬ曲? 恐怖エピソードに「知らない方が幸せ」

マツコ・デラックス 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

8月2日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、一般女性が心霊にまつわるエピソードを披露。この話は過去に放送されたものだが、視聴者は改めてこのエピソードを聞いて怖がっていた。

この日は過去の総集編を放送。2015年7月放送回で、スタッフは渋谷にいた女性2人組にインタビュー。過去に体験した怖い話を聞いた。

女性の1人は、「スイスかどこかの…心霊の曲みたいのがある」と口を開き、友人がこの曲をずっと家で流していたと口に。そして友人は翌日からキャンプに向かったという。家は空けていたものの、友人の交際相手の男性は友人宅にいたそうだ。

すると、何事もなかったにもかかわらず、ベランダに血痕があるのを交際相手が見つけたという。番組サイドは実際の写真を公開したが、そこには木製と思われる白い手すりに、赤い斑点がついた様子が映し出されていた。

曲を聴いた後に死人が出る?

話を聞いていたもう1人の女性は「(音源は)ないの?」と聞いたが、女性は「聴きたくないもん!」と拒否。「調べたら多分出てきますよ、多分。精神、狂いそうになる」と笑顔でつぶやいた。

番組が調べたところ、この曲は1933年の『暗い日曜日』というハンガリーの曲。多くの人がこの曲を聴いた直後に命を絶ったことから、世界で放送禁止となったそうだ。同番組でも、この曲が流れることはなかった。

『暗い日曜日』は知る人ぞ知る曲。視聴者は曲を聴いた後、死人が出る曲が本当にあるのかと驚いている。

《実際のところどうなんだろう? 怖くて聞けないけど》
《月曜から夜ふかしで前も取り上げられるくらい暗い日曜日の話題出てくるとは…(震え声)》
《でも普通につべで何万回も再生されているのならやっぱり噂というか、聴いた受け取り手次第って事なのかな?》
《月曜から夜ふかしに『暗い日曜日』の話題出てきた…。取り上げては行けない物だと思うぞ個人的にアレは》
《暗い日曜日の和訳調べて1人怖くなってる笑》
《暗い日曜日は怖いので検索するか迷うな、知らない方が幸せかもな…》

夏ならではの身の毛もよだつエピソードだった。

【あわせて読みたい】