長谷川理恵の“あいまいな懺悔”に冷めた声「何言ってもイメージ最悪…」

(C)Asti Mak / Shutterstock 

モデルの長谷川理恵が7月31日、自身のインスタグラムを更新。雑誌のロングインタビューに答えたことを報告したが、ネット上では冷めた声があがっている。

長谷川は雑誌『STORY』のインタビューで、《ずっと後悔してきたこと、いまお話しします》とコメント。《今までの半生を振り返って、ずっと心の中で引っかかっていたことは、結婚・出産前後に出した2冊の本のことです。若いがゆえの無責任な発言や、視野の狭さで、多くの方に不快な思いをたくさんさせてしまいました》《渦中にいた時は気づかなかったことも、振り返っていく中で色んな方に迷惑をかけ、傷つけてしまったと。そんなつもりじゃなかったのにということも、誤った選択をすれば良くない結果を招くのだと自分の幼さを痛感しました》と告白し、出版した本に対する反省の思いを口にした。

「長谷川が反省しているというのは、2012年に発売した著書『願力 愛を叶える心』の中で、夫から送られた『ハリーウィンストン』の婚約指輪を『あ、小さい』と言った件でしょうね。このとき夫は、激怒して長谷川から指輪を取り上げ、ショックのあまりストレスで10日後に急性潰瘍で吐血したといいます。しかし、長谷川は『こんな程度の問題で』と逆ギレ。書籍のレビュー欄は《自己中すぎ!》《信じられない》などと非難の声が相次ぎ、最低評価が並びました。他にも、人気のシュークリームを俳優・石田純一に買いに行かせて、並んで時間がかかったことに対して『やる気あるのか!』などと身勝手な発言もしていますね。今回のインタビューを読んでも、当時のマネージャーにすべてを任せていたなどと言い訳がましく、いい年した大人の性格がそうそう変わることなどないと言うことを、実感させられた人も多いでしょう」(芸能記者)

長谷川理恵の“懺悔”に冷めた声

長谷川の謝罪に、ネット上では

《指輪ちっさっていったことと、不倫していたことかな。今さら後悔を口にしても誰も相手にしないでしょうね》
《どの発言に対して謝罪してるのか書いてないし、意味不明に自分に酔ってるとしか見受けられないなぁ…どういうこと?》
《人の家庭を壊したことを後悔してるのかと思ったら、本のことか。ガッカリした》
《長谷川理恵=石田純一の不倫相手としか当時から認識してないから、自分を発信するのはやめて静かにしていれば良いのに》
《石田純一にはシュークリーム買いに走らせてたくせに、神田正輝には結婚してもらえなくて、当てつけに経営者と不倫して略奪婚したんだよね。今さら何言ってもイメージ最悪のままなんですけど》

などと非難轟々だ。

もはやすっかり過去の人扱いだった長谷川だが、皆が忘れていた最悪エピソードを自らほじくり返してでも、話題になりたかったとは…。自己顕示欲の強さは今も変わらないようだ。

【あわせて読みたい】