『ネタ祭り』宮下草薙が漫才を放棄?「予想外すぎた」「行動が読めない」と騒然

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

お笑いコンビ『宮下草薙』が、8月3日放送の『ネタ祭り!2021夏!!』(テレビ朝日系)で漫才を披露。途中で漫才を止める場面があり、視聴者を驚かせた。

ツッコミの宮下兼史鷹は、会社が2人のグッズを作ってくれると切り出す。「ありがたい」とつぶやき「Tシャツとかじゃない?」と想像したが、ボケの草薙航基は「いらないなあ、それ」と嫌な顔をした。

宮下は「じゃあ、お前監修のもとグッズを制作しろよ」と告げたが、「お前が指図できる時期みたいなのは終わってるのよ、だいぶ前から」と一喝。「洗脳したみたいな言い方…」とけげんな表情を浮かべた宮下に、草薙はネガティブな発言を連発。宮下は冷静にツッコミを浴びせていた。

『宮下草薙』草薙航基が司会に「どう思う」?

ネタ終盤、宮下が「やってみたら売れると思うよ」と諭すと、草薙は「本当かな…大丈夫かな…」と不安を口にしながら数秒間、黙り込んでしまった。草薙はうめき声を上げ「どう思う…?」とつぶやきながら司会の千原ジュニアを見やった。

これに千原は大笑いしながら「お前、それはいかんで!」とツッコミ。宮下は「違う違う! 巻き込まないで! ダメダメ!」と草薙を止め、「漫才でそれはチート(ズル)だぞ! それは」と指さした。

直後、「でもやっぱ(グッズは)出さない」と草薙がボケてネタは終了。草薙はジュニアを見やりながら舞台を後に。宮下が丁寧にジュニアにお辞儀する中、草薙は小声で「サンキュー…」とつぶやいた。すかさずジュニアは「サンキューやあらへんで!」とツッコんだ。

草薙が漫才中に台詞が飛び、パニックになり千原に助けを求めたのではと想像した視聴者がいたほか、計算ずくの行動だったのではとする声もあった。

実際には、

《あれガチでネタ飛ばしたんすかね》
《ネタ飛んだ結果、司会のジュニアに救いを求める宮下草薙のチート漫才》
《ジュニアさんに笑ってサンキューって言える草薙さんは強すぎる》
《漫才中に千原ジュニアに話しかける草薙ワロタ》
《司会者をあんな巻き込み方するの宮下草薙だけだよ笑》
《いつ草薙さんか暴れ出すか構えてたけど、ジュニアさんを巻き込むのは予想外すぎたな。相変わらず行動が読めないところ本当に好きだわ…》
《漫才中にジュニアに助け求めて怒られないの草薙ぐらいだよきっと》
《漫才中に司会の千原ジュニアに「どう思う…?」と話しかけるという奇策》

などといったツッコミがあがっている。

草薙は満面の笑みで舞台を去った。おそらく計算ずくだったのだろう。

【あわせて読みたい】