吉岡里帆の“イナバウアー”にイチャモン殺到!「これはレイバック」

吉岡里帆 

(C)まいじつ 

8月2日に俳優の吉岡里帆が、自身のインスタグラムで「イナバウアー」を披露。しかしネット上の〝イナバウアー警察〟に捕まり、「これはイナバウアーではない」と批判されているようだ。

吉岡が投稿した問題の写真は、上半身を後ろに反らしたもの。彼女はコメント欄で《いや、確実に筋肉痛の治りが遅くなっている》と嘆いていたが、その体の柔軟性は目を見張るものがある。

ちなみに吉岡自身は「イナバウアー」とは一言も言っておらず、ネットニュースなどで「イナバウアーのようだ」などと紹介されているだけ。にも関わらず細かすぎるイナバウアー警察に絡まれてしまうのだから、理不尽なものである。

実際にネット上の声を見てみると、

《イナバウアーって、体そらすポーズのことじゃないけどね》
《イナバウアーは足を前後に開いて、ブレードを平行にして滑る技。上半身を反らすのは関係無い》
《上体を反らすポーズ自体は〝レイバック〟と言い、イナバウアーとは無関係》
《これイナバウアーじゃないよ。足の開き方がイナバウアーだから》

といった指摘が。上半身を後ろに反らすポーズは、「イナバウアー」ではないのだという…。

叩いているのは吉岡里帆に嫉妬する人々?

「イナバウアー」といえば、かつてフィギュアスケーターの荒川静香が冬季五輪で披露し、金メダルを獲ったことで一躍有名になった技。「2006 ユーキャン新語・流行語大賞」に選ばれるほど話題になり、当時は小学生なども体を後ろに反らして「イナバウアー」の真似をしていたものだ。しかしネット民が指摘していた通り、イナバウアーとは足を前後に開き、つま先を180度開いて横に滑る技。上半身を後ろに反らす技ではないのである。

たしかにその通りなのだが、吉岡本人が「イナバウアー」として披露した訳ではないにも関わらず、鬼の首を取ったように批判するのはいかがなものだろうか。ちなみに吉岡といえば〝女性に嫌われている女性芸能人〟として有名。そのためいつものように嫉妬で叩いている人もいるのかもしれないが、今回ばかりは吉岡に全く非はない。あざとすぎる写真を投稿した訳でもなく、ただ上半身を後ろに反らしただけだ。

完全にとばっちりで叩かれてしまった吉岡。このまま彼女は辻希美のように、よくわからないことで炎上してしまう芸能人になってしまうのだろうか…。

【あわせて読みたい】