『東京五輪』武井壮の“卓球レポート”に違和感「寝てただろ」「薄っぺらすぎて」

(C)まいじつ 

8月4日、テレビ東京系で東京五輪・卓球男子団体の準決勝「日本×ドイツ」のテレビ中継が行われた。レポーターとして会場入りしていた、タレントの武井壮のコメントにツッコミが相次いでいる。

チームとしてはドイツが世界ランキング2位、日本が3位で実力が拮抗しているこの戦い。第1試合のダブルスはドイツが勝利。第2試合のシングルスは、張本智和とディミトリー・オフチャロフのエース対決で張本が勝利。第3試合のシングルスでは、3大会連続の対決となった水谷隼VSティモ・ボルが行われて、ボルが勝利。第4試合のシングルスでは、再び出番が回ってきた張本が、パトリック・フランツィスカ相手にフルセットで勝利。しかし第5試合では丹羽孝希がオフチャロフに敗れ、日本は3位決定戦へと回ることになった。

ここでテレビの中継はスタジアムからテレビ東京のスタジオへと切り替わり、小泉孝太郎や福原愛が試合に対する感想をコメントしていった。そして一通り終わった後に、スタジアムへとまた映像が戻り、レポーターの武井が登場した。武井は会場内の緊迫していた空気や張本の頑張りなどを紹介したのち、小泉から「印象に残ったシーンは?」と話を振られる。