『五輪・卓球』張本智和の“シュールすぎる応援”が話題「アテレコしてる?」

張本智和 

張本智和 (C)Stefan Holm / Shutterstock 

8月4日、東京五輪・卓球男子団体の準決勝「日本×ドイツ」が行われた。緊迫感漂う空気の中、視聴者の間ではシュールな光景に思わず笑ってしまう人が続出したようだ。

チームとしてはドイツが世界ランキング2位、日本が3位で、実力伯仲が予想されるこの試合。案の定、第1試合のダブルスからフルセットまでもつれ込み、水谷隼と丹羽孝希ペアが、ドイツのパトリック・フランツィスカとティモ・ボルのペアに惜しくも敗れてしまった。

そして第2試合のシングルスは、日本から張本智和、ドイツからディミトリー・オフチャロフというエース対決になった。張本は第1セットを落とすも、第2セットはデュースの末に勝利。そのまま波に乗って第3、第4セットと連取して勝利を収めた。

しかし第3試合のシングルスでは、水谷がボル相手に1-3の敗北。日本としては後がない状況となったところで、第4試合で再び張本が登場。フランツィスカ相手に2セットをいきなり落とす厳しい展開となったが、ここから怒涛の追い上げ。張本の「チョレイ!」という雄たけびもひと際大きく上がり、フルセットの末に勝利。第5試合に繋げた。

音声だけ聞くと張本智和の試合だが…

最終試合は、丹羽とオフチャロフの対決。丹羽といえば、他の選手と違って得点をしてもまったく声を出さないことで有名。この日も対戦相手のオフチャロフが、張本同様に「チョレイ!」と大きく叫ぶ中、丹羽は黙々と試合をしていた。

しかしテレビ中継を見るとなぜか、丹羽が点数を取るたびに「チョレェェェェイ!!」という雄たけびが聞こえてくる。実はこれ、ベンチの張本と水谷が応援で上げていた歓声である。特に張本は、自分の試合と全く同じテンションで、丹羽が点数を取るたびに雄たけびしていたのだ。この光景にネット上では

《丹羽くん静かすぎて張本くんがアフレコしてるみたいになってて笑う》
《丹羽くんのガッツポーズに張本くんがアテレコしています》
《音声だけ聞くと張本が試合してるみたいになってて草》
《丹羽選手の代わりにチョレイ!って言う張本君好きwwww》
《丹羽くんの代わりに張本くんが叫んでるのかわいすぎる笑》
《点が入るたびに丹羽の代わりに声を出す水谷と張本w》
《丹羽くん珍しく大きな声あげたなと思ったら応援してる張本くんの声だった》

といったツッコミが相次いだ。

残念ながらオフチャロフにストレートで負けてしまった丹羽だが、ベンチの応援は頼もしかったことだろう。

【あわせて読みたい】