東京五輪・北島康介“NHK中継”の奇抜私服に驚き「総額130万円近い」

北島康介

北島康介 (C)まいじつ

元競泳金メダリストの北島康介氏が、8月4日にNHKで中継された東京オリンピックのスケートボード競技に生出演。そのファッションが注目を浴びた。

北島氏はスケートボード会場の『有明アーバンスポーツパーク』から出演したが、この日はいつものスーツ姿と違い、カラフルなアロハ風シャツにキャップを後ろ向きで被ったラフなスタイルで登場。そしてこのシャツ、よく見ると世界的ハイブランド『ルイ・ヴィトン』のロゴがあしらわれており、相当なお値段であることがうかがい知れる。

これには国立競技場スタジオの保里小百合アナも、「今日はどうされたんですか?」と思わず質問。これに北島氏は「スケートボードということで、『ゴン攻め』しに…」と、スケートボートの解説で有名となった『ゴン攻め』というフレーズを使って回答した。その後は自身のツイッターでも、《今日の衣装はゴン攻めヴィトン》とセレブアピールをしている。

総額100万超え! シャツだけでなく全身『ヴィトン』コーデ

この浮いた格好はネット上でも話題となり、アイテムの特定をするユーザーも続々と見られることに。アジア人歴代No.1の世界的アーティスト『BTS』ジンも同じものを着用していたことや、販売価格が17万円と、非正規雇用者の月収ほどもある超高級品であることが明らかになる。

するとネット上では、「北島が17万円のシャツを着ている」と話題に。また、シャツだけでなく全身が「ルイ・ヴィトン」だと特定するユーザーも出現し、SNSには

《よく見たら服もスニーカーも時計もキャップも全部LVだ 時計は94万円 服やスニーカーは40万円近く 総額130万円近いファッション 攻めてる!笑》
《北島康介が着てるヴィトンのアロハ、いくらするんだろ?》
《さっきの北島康介さんのゴキゲンなアロハ姿、全身ヴィトンなの? どんだけおかねもち?》
《なぜか急に出る成金感》
《私の持ってるヴィトンのバッグと値段が変わらないって…》

など、五輪貴族の財力にひれ伏す声が続出したのだった。

やはり、大量の税金を使って育成される五輪選手や元金メダリストは、かなり裕福な暮らしができるようだ。オリンピックに反対していた庶民たちも、妬んで足を引っ張るより、自身も一攫千金を目指すべきではないだろうか。

【あわせて読みたい】