日テレの信頼度が地の底に! 五輪卓球・伊藤美誠“ライト妨害”で批判殺到

伊藤美誠

伊藤美誠 (C)Stefan Holm / Shutterstock

7月28日に開催された東京五輪の卓球・女子シングルス準々決勝で、試合中の伊藤美誠選手が報道陣のライトの眩しさを指摘するといったハプニングが発生。ここにきて〝真犯人〟が発覚して非難の声が殺到している。

8月5日の『デイリー新潮』で、今回のライト騒動について、日本テレビの関係者が同局の番組『スッキリ!』のクルーであったと証言している。特に意図的に行われたわけではなく、スポーツ取材の勝手がわからず「ライトを点けてしまった」と真相を明かしていた。

しかし話題を呼んでいたニュースということもあり、日テレの耳にも入ったようだが、名乗りを上げずに黙認していた模様。この件に日テレ側は、『デイリー新潮』の取材に対して「当該クルーが日本テレビの取材班だったことは事実で、関係者の指摘を受けて対応しました。日本テレビは今後もルールに則って取材を進めてまいります」と事実は認めたが、謝罪はしなかったようだ。

もはや東京五輪を妨害するメディアに

「同日の試合は、伊藤選手と韓国のチョン・ジヒ選手の試合だったため、ネット民はライトで妨害したのは韓国メディアなのでは?と疑っていました。一方で、一連の騒動に韓国メディア『ノーカットニュース』は冤罪を主張。もはや日韓問題に発展しかねない事態となっているため、日テレもダンマリを決め込むのは得策ではないように思えます。ちなみに日テレといえば、かねてより東京五輪関連の愚策に批判が殺到し、たびたび炎上しているテレビ局。卓球個人戦での録画放送問題に始まり、『BMX男女フリースタイル』の生中継時にCM連発するといった愚行を犯し、他にも男子サッカー準決勝の中継で選手インタビューなどを中継せず、試合終了直後にバラエティーを放送するなど、もはや数えだしたらキリがありませんね」(芸能ライター)

真犯人が日テレだと明かされ、ネット上には、

《その後の対応含めて、日テレはマジでクソだな》
《日テレはクソなCMの入れ方するし、ライト付けるし、くだらない放送しかしない。すべてがダメ》
《日テレは、放送免許取り消し処分が妥当じゃないの?》
《日テレの社長辞任しろよ。スッキリも打ち切りでいいぞ》
《憶測されるのが嫌なら日テレはちゃんと説明すべきだ》

などと激しい怒りの声が続出している。

とはいえ日テレは、「スッキリ!」で日韓合同プロジェクト『Nizi Project』を放送するほど韓国推しで有名なメディア。そのため《日テレの最近の韓国推しはフジテレビかと疑うレベルだからな。韓国の為にやったのかな》と疑いの眼差しも向けられていた。

真相はさておき、選手を邪魔する行為にはしかるべき対応が必要だろう。

【あわせて読みたい】