『モニタリング』元モー娘。へのドッキリに批判「失礼だわ」「胸が痛む」

モーニング娘。

モーニング娘。 (C)まいじつ

元『モーニング娘。』の保田圭が、8月5日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に出演。歌唱中にドッキリを仕掛けられ、ファンから「最後まで聴かせてくれよ」と非難が噴出している。

番組ではこの日、人気のYouTubeチャンネルを模した企画『THE FIRST FAKE』を放送した。

飯田圭織とともに出演した保田はドッキリとは知らず、歌関連の特番と思い込んでいた。「久しぶりに特番で歌わせていただくので」とやる気満々。発声練習に励んだほか、親戚にもたくさん電話したという。2人は『恋愛レボリューション21』を歌うことに。1番を歌い終わった直後に、保田は落とし穴に落とされ絶叫。飯田も落とし穴の存在を知らず、落ちた保田を見て驚いた。

歌唱中に落とし穴…「最後まで聴かせてくれよ」

落とされた保田は「親戚に連絡したのに」と恨み節を口にしながらも、白い粉を顔に付ける仕草を見せた。さらに「今日、かおりんでもよくなかったですか? 落とすの」と続けると、飯田が「いや、でもおいしいよ? 圭ちゃん」と励まして企画は終了した。

恒例のドッキリを視聴者は楽しんでいたようだが、一部からは批判も。モー娘。OGの歌声を聞けるのは貴重で、途中で止めるような仕掛けは嫌だと番組を責めている。親戚に報告するなど張り切っていた保田の気持ちを思いやる視聴者もいた。

《初期モー娘。の中でも歌唱力は抜けていた2人だけに、こういう消費の仕方はやめてほしい。世代なのでモー娘。初期メンはアツいんよ…》
《一発録り前の圭ちゃんめっちゃ緊張した顔してたのになぁ 落ちはわかってたけどさ》
《しょうもないドッキリで途中で止めたモニタリングは己の罪深さを理解していないな》
《モー娘初期メンのラブレボリューション21なら落とさず最後まで聞かせてくれよ…》
《モー娘。好きだった人、楽曲好きだった人に対して失礼だわ》
《飯田圭織ちゃんとのデュエット最後まで聴きたかった気持ちもあってだな?》
《保田圭ちゃん… 胸が痛む…(ドッキリ番組苦手な人) 》

放送される度に批判される『THE FIRST FAKE』。この日も視聴者の反感を買っていた。

【あわせて読みたい】