五輪卓球・伊藤美誠“ライト妨害”で日テレアナに批判「格好悪いし恥ずかしい」

伊藤美誠 

伊藤美誠 (C)Stefan Holm / Shutterstock

東京五輪・卓球の伊藤美誠への〝妨害ライト事件〟が波紋を広げている。

コトの発端は、7月28日に卓球女子シングルス準々決勝に挑んだ伊藤美誠選手が、第4セット序盤に審判にジェスチャーでアピールし、取材陣のカメラライトが眩しいと訴えたこと。対戦相手が韓国の田志希(チョン・ジヒ)選手だったことで、一時、SNS上では《韓国メディアの妨害工作じゃないか》という憶測の声があがったが、結果的に『スッキリ!』(日本テレビ系)のクルーだったことが発覚している。

同事件を報じた8月5日配信の『デイリー新潮』によると、日テレ側は《当該クルーが日本テレビの取材班だったことは事実で、関係者の指摘を受けて対応しました。日本テレビは今後もルールに則って取材を進めてまいります》と、事実を認めている。しかし、報道されるまでだんまりを決め込んでいたことで、ネット上は大荒れ状態となっている。

森圭介アナの“意味深ツイート”がやり玉に

非難の集中砲火を浴びている日テレだが、さらに視聴者の怒りに火を注いだのが、現場で取材していた森圭介アナのツイッターだ。

森アナは4日に自身のツイッターを更新し、《悔やんでも悔やみきれないことをしてしまった時は、そのこと自体を忘れたくなってしまうけど、もうニ度とそんなことをしないように紙に書く》とコメント。続けて、《書かずとも胸に刻めばいいと言えるほど、自分を信用してない。書く。忘れないように、書く》となにやら〝意味深〟なツイートをしている。しかし、これが〝妨害ライト事件〟のことをさしているのなら、あまりにも中途半端で煮え切らない贖罪といっていいだろう。

このツイートに対しても、ネット上では

《ただでさえ無観客でマスコミ特権となったオリンピックで、もっと神経質になるくらいの仕事してください》
《スポーツの取材でライト使用が良いのかって判断もつかないのですか? 何年も経験されてるはずですが。スポーツ班で無くともわかりそうなもんですが》
《そんな曖昧なことつぶやいてカッコつけないで、謝罪すればいいと思うんだけど。その場で自分たちだって言えば一番良かったのに、格好悪いし恥ずかしい》

などとバッシングの嵐が吹き荒れている。

ツイート炎上後も何食わぬ顔でツイッターを更新し続けている森アナ。〝妨害ライト事件〟の犯人であったかどうかは定かではないが、番組含め、のらりくらりな姿勢を続けているようでは世間も納得しないだろう。

【あわせて読みたい】