LiSA“夫の不倫”騒動に声優ファンから苦言「LiSAも散々ニオわせやってた」

LiSA

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

夫で声優の鈴木達央に不倫疑惑が浮上し、悲劇のヒロインとして世間の同情を買っているアニソン歌手・LiSA。しかし、古くから彼女を知る声優ファンからは、「LiSAもかつて〝ニオわせ〟をしていた」とブーメランを指摘する声があがっている。

2人は2020年1月に入籍したばかりだが、鈴木は同年末に早くも不倫相手との出会いを果たす。『週刊文春』によると、相手は都内のスタジオに勤務する業界関係者で、女性が鈴木のファンということもあり、今年春ごろから関係がスタートしたという。2人はホテルの他、鈴木とLiSAの愛の巣である自宅でも互いの身体を求め合っていたとのこと。何とも汚らわしいゲスすぎる不倫だ。

また、女性はSNSの鍵付きアカウントで鈴木との関係を自慢したり、悩みを吐露する投稿を頻繁に繰り返していたそうだ。「文春」が女性の〝自宅訪問〟を確認した翌日にも、《なるほど、昨日LiSAが名古屋ライブだったから家大丈夫だったんだ》と投稿していたことが確認されている。

鍵アカウントとはいえ、LiSAを挑発するようなこの行為は、全く褒められたものではないだろう。しかし、元はといえばLiSA自身が、鈴木との交際時にファンを挑発するような〝ニオわせ〟を連発していたのだ。

鈴木達央のファンを挑発するような投稿の数々

「2人の交際がウワサされたのは2016年ごろ。その後、結婚までの約4年間で、LiSAのSNSやブログには鈴木をニオわせる投稿がたびたび登場するようになります。具体例を出すと、LiSAがアップしたアクセサリーの中に鈴木の指輪があったり、LiSAが自撮りで着ていた伊達メガネ・Tシャツが鈴木とおそろいだったり…。鈴木がブログでスイカを食べたと報告すると、LiSAのインスタグラムにスイカの画像が上がった日もありましたね。まぁ彼女も自己顕示欲を抑えられず、鈴木のファンをおちょくっていたわけです」(芸能ライター)

ネット上には、これらの過去を踏まえ、

《LiSAも散々ニオわせやってたし、鈴木達央自体そういうタイプが好みなんだろ》
《LiSAも付き合ってる時にニオわせすごかったし、みんなほぼ公認みたいだったし、結婚した時やっとかってなったし》
《まぁ元々ニオわせしまくってたLiSAを擁護するつもりもしようとも思わんけどさ》
《2人が付き合ってる時はLiSAがちょいちょいニオわせしてたんで たっつんファンからしたら、どっちもどっちなんですけど(笑)》
《散々ニオわせ浴びてきたからLiSAを庇う気持ちとか全然ない》

との意見は多い。大衆からすれば悲劇のヒロインだが、古のオタクたちの見解は異なるようだ。

もちろん、付き合っている時のニオわせと、結婚後の不貞行為は異なる。休養を発表したLiSAは、どのような心境なのだろうか。

【あわせて読みたい】