失言五輪・金メダル! 森喜朗“差別発言”で再び炎上「王貞治に対しても失礼」

(C)Golubovy / Shutterstock 

女性への差別発言で、今年2月に東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長を辞任した森喜朗氏。そんな森氏が今度は〝人種差別〟をしたと報じられ、再び大炎上しているようだ。

森氏の問題発言を報じたのは、アメリカのニュースサイト『The Daily Beast』。ご存じの通り、7月23日に行われた東京五輪開会式の聖火の最終ランナーは、プロテニスプレイヤー・大坂なおみ選手が選ばれていた。しかし森氏は当初〝純粋な日本人男性〟を最終走者に希望していたようで、『The Daily Beast』によると、元プロ野球選手の松井秀喜氏を推薦していたという。これらの情報は組織委員会の職員が告発し、森氏はあくまで〝純粋な日本人〟以外は認めない方向性だったことが明かされた。