カンニング竹山の“イジメ自慢”を完全スルー! 腐った芸能人たちの二枚舌

カンニング竹山 

カンニング竹山 (C)まいじつ 

「身内に甘い」と言われる芸能人たちだが、またもそうした腐ったしきたりが浮き彫りとなった。

問題にあげられているのは、お笑い芸人・カンニング竹山だ。彼は過去の〝イジメ自慢〟が掘り起こされ、ネット上で大炎上している。

コトの発端は、学生時代のいじめを自慢するように語っていた過去が問題視され、五輪開会式の作曲担当を辞任、以降も数々の仕事がキャンセルとなってしまった『Cornelius』こと小山田圭吾の一件。この問題を機に、芸能人たちの過去も調査されたところ、なんと竹山のとんでもないイジメが発掘された。

竹山は2007年オンエアのラジオにて、後輩芸人に自身の尿や排泄物、陰部の垢を食べさせていたことを面白話としてトークしていたのだ。竹山はこれがネット上で問題視されていると知ると、7月31日深夜放送の『カンニング竹山の土曜The NIGHT』(ABEMA)の冒頭でこれに言及。発言当時、リスナーやTBSラジオ・系列ラジオ局から〝お叱り〟を受け、翌週の番組で1時間かけて謝罪したと明かし、「イタズラ…というか、今で言うといじめですよね」と自省を見せた。

しかし一方では、「小山田さんのと一緒にがっちゃんこみたいにされちゃってる」「まあ、やったことは多少…結構盛っては話してます」「表現方法が汚かったんですよ。それはいまだに反省してます」などと弁解をしていたのだ。

小山田圭吾より酷いカンニング竹山

「芸能人はワイドショーなどで、小山田のことを人格攻撃までしていたにも関わらず、竹山に関してはノータッチ。これは完全なる身内贔屓でしょう。もちろん、小山田が問題視されたのは、五輪に関わる仕事をしたから…という前提はあり、そこは竹山と全く違います。しかし、芸能人コメンテーターたちがしていた小山田に対する言及の中には、〝五輪の仕事をするにふさわしくない〟という論調から外れたものも多くありました。〝1人の人間の行為〟として小山田を断罪していたので、ならば竹山に対しても同様の処置を下すべきでしょう」(芸能記者)

しかも竹山のイジメ問題は、小山田よりも酷いという。

「小山田が批判されたのは、イジメをしていたこともさることながら、それを成人したあとに〝武勇伝〟として語っていたこと。学生時代のイジメを、24歳の時に悪びれもなく話していた人格に問題があるとされました。一方で竹山は、成人した後にしていたイジメを、36歳の時に武勇伝として語っています。年齢から見るに、異常性が強いのはどう考えても竹山でしょう」(同・記者)

五輪関係なく小山田を批判していた芸能人たちには、是非とも竹山も同様にバッシングして〝正義〟を貫いてほしいものだ。

【あわせて読みたい】