狩野英孝“不正行為”を容認!? ゲーマーがブチギレ「デリカシーに欠ける」

狩野英孝

狩野英孝 (C)まいじつ

「運も実力の内」を体現する実力不足な強運芸人・狩野英孝のツイートが、ゲーマーたちに波紋を広げている。

狩野は、自身のYouTubeで実況プレイ配信を行っているネットゲーム『Apex』に関し、7月31日のツイッターで《ゴースティング?ってのに、みんなイラってするんだボクは何も思わないので大丈夫っすw》と表明。ゲーム配信者の動画を見ながら対戦することにより、カンニングさながらに自身有利のプレイをする「ゴースティング」行為を気にしないとした。

これは「Apex」の規約内でも禁止が明言されているわけではなく、それとなく処罰の対象になり得るとつづられているだけの〝グレー行為〟。いわば、単なるマナーやローカルルール、〝ムラの掟〟に過ぎないが、ゲーマーたちは狩野に《容認するような発言すんなバカ》などと下品な言葉を使って激怒したのだ。

「この炎上が話題になったことで、『いやゴースティングはダメだろ』などと狩野への攻撃は更に強まっていますね。その多くはSNSのアニメアイコン民やゲームオタクで、『さすがに狩野氏がデリカシーに欠けた発言をしている』『ご法度』『不正行為』といった感情的な意見が目立ちます。しかし、『Apex』のルールでは『チートは行わない』と記されているだけで、ハッキングや荒らしチャットと違い、ゴースティングの禁止は明言されていません」(WEBメディア編集)

モラルゼロのゲーマーがルールを語る滑稽さ

理不尽な論理で非難を浴びてしまった狩野だが、これは氷山の一角に過ぎない。ネットゲーマーの間には、独自の不文律と地雷がいくつも存在するのだ。

「昨年9月、ユーチューバーのヒカキンが『Fortnite』を実況プレイした際、倒れて行動不能になっても弾を撃ち続ける〝死体撃ち〟をしてくるユーザーに遭遇しました。これは挑発的でマナー違反とされているのですが、これ自体は規約違反にあたる訳ではない行為。しかし、ゲームオタクたちは正義感が暴走したのか、対戦相手のユーザーを吊るし上げて非難、このハンドルネームを『許すな』としたハッシュタグを拡散させ、大勢で嫌がらせ行為に及びました。これは完全にネットリンチであり、いじめでしかありません」(同編集)

このようにネットゲーム民たちは、まるで子どものように感情を優先して暴走するケースが多い。時にはこの死体撃ちのケースのように、〝私刑〟に走ることも多く、そのモラルはあまり褒められたものではない。

「狩野しかり死体撃ちしかり、規約で明確に禁止されているならまだしも、判断の分かれるグレー行為に罵声を浴びせるのは報復としても行き過ぎでしょう。このように群れでオラつくようなゲーマーがマナーを語っても、〝滑稽〟〝お前が言うな〟としか言いようがありません。ゲームの説明書を熱心に読み込む前に、まずモラル・常識を学んだ方がいいでしょう」(ゲームサイト運営)

社会一般のルールは、ゲームのルールよりも上に来る。ゲーマーたちには仮想空間ではなく現実を直視し、スマートな対応を心がけてもらいたい。

【あわせて読みたい】