『サンモニ』張本勲“差別発言”で大炎上!「森喜朗と同レベルの感覚」

(C)Willyam Bradberry / Shutterstock

8月8日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)に、野球評論家・張本勲氏がリモート出演。番組内で東京五輪・ボクシング金メダリストの入江聖奈選手について差別的なコメントを繰り出し、大炎上しているようだ。

この日の番組では、東京五輪の各種目金メダリストたちを特集。そこで「ボクシング女子フェザー級」の金メダルに輝いた入江選手が紹介されると、張本氏は「女性でも殴り合い好きな人がいるんだね」とコメントする。続けて「見ててどうするのかな?」と切り出し、「嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね」と女性差別を彷彿とさせる発言も。終いには「こんな競技、好きな人がいるんだ」と競技に関しても批判的なコメントを繰り出していた。

「張本氏は、『レスリング女子』にも不適切なコメントを繰り出しています。同種目で金メダルを獲得した4人の選手が紹介され、『女子は強くなったね』『あんまり女子が強くなったら、我々男子は困るんだけどね』などと漏らしていました。高齢層にありがちですが、明らかに男女差別ととれる発言ですね」(芸能ライター)

悪しき日本の文化を象徴する張本勲氏のガラパゴス発言

時代錯誤な張本氏に対し、ネット上では、

《素直におめでとうと言えないんですかね、この人》
《メダルをかじった市長と同じような感覚をお持ちのようだ。起用する側も考えた方が良い》
《本人としては悪気はなくて、ただ世代的にも森喜朗さんと同レベルの感覚なんだね》
《さすがに許される範囲を超えてないか? 競技者に対してのリスペクトがあまりにも欠けている。テレビ局も早急に謝罪させるか、それを嫌がるなら降板させたほうがいい》
《ボクシングはスポーツだし、殴り合うとか喧嘩みたいな表現はどうかと思う》
《選手に対して失礼だと思う。あまりに暴言ばかりでコメンテーターとして不愉快》
《スポーツを評論する立場の人間としては、多様性、個性、文化を認めないのはいかがかものかと》

などと批判の声が巻き起こっている。

ここ最近、特に高齢者の不適切な行動や発言が目立っている。少子高齢化ではあるが、今こそ若者が各分野で活躍していかなければならないのかもしれない。

【あわせて読みたい】