杉村太蔵の“お気楽発言”にバッシング!「昭和の価値観」「単純すぎる」

(C)pathdoc / Shutterstock 

8月9日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に、元衆院議員でタレントの杉村太蔵が出演。東京五輪について〝前向きな提案〟をするワンシーンがあり、視聴者をドン引きさせている。

杉村は「今回のオリンピック、本当にやってよかったなと思いました」と切り出し、「海外の選手が『日本のみなさん、ありがとう』って。あれにジーンと来ましたよ」と振り返った。続けて、「でもね、今回は無観客だったから、経済的には損失が多いわけですよ。ぜひ武井(壮)さんの力でね、2040年にもう1回東京オリンピック・パラリンピックをやりましょうよ」と突発的に提案した。

この意見に、スタジオは一瞬静まり返り、タレントで日本フェンシング協会会長の武井は眉をひそめた。そんな様子を気にする素振りもみせず、杉村は「でもこれをワンカットにされるとキツいんですよ。2040年、大会組織委員会の会長が武井さんですよ」と大それた発言を繰り返すのだった。

杉村太蔵の“あけすけな物言い”に批判殺到

杉村の提案に、ネット上では

《勘弁してほしい。杉村と同じような、一時の感情に流される国民がたくさんいるから失敗するんだと思う》
《正直、もうイベントをやれば国民が喜ぶだろうという発想が昭和の価値観。道路は渋滞するわ、平和に暮らしたい一般国民にとって良いことは何もないと思う》
《褒められて喜べるの、悪いことではないけど、ちょっと単純すぎないか? それに、仕事失って生活がやっとな人たちはテレビを見る余裕なんてあるわけもないし》
《やって良かった一面も有るけど、負の部分もある。財政的にも都民は大きな負担が待っているし、全体的な総括が済んでいない。物事を深く考えない人は気楽でいいですね》
《こう言う思いつきで話をする輩が居るから困る。あなたはテニスの事には長けているかもしれないけど、他の競技には無知。公の場で下らない思い付きを発しないで欲しい》

などと厳しい声があがっている。

「今回の五輪は、開会式から〝辞任・解任問題〟が相次いだかと思えば、閉会式では目立ったパフォーマンスもなく長丁場のスピーチを聞かされ、終始ブーイングが殺到。それだけではなく、コロナ禍で感染者が増え続けるなか、五輪は強行開催しイベントや帰省が制限されたりと、理不尽な状況が続いているのですから、国民の不満が膨らむのも仕方がないことです。また、五輪の総費用は〝4兆円〟にものぼると言われており、そのしわ寄せが国民に及ぶともなれば、素直に五輪の東京開催を喜べる人は少ないでしょう」(スポーツ紙記者)

一部からは、《中小企業の忘年会の幹事なら適任かもしれない》などといった指摘があがった杉村。議員時代にバッシングを受けていた〝軽いノリ〟は健在のようだ。

【あわせて読みたい】