『めざまし8』谷原章介“大先輩”に失礼発言!?「ビックリ」「目上の人に…」

谷原章介

谷原章介 (C)まいじつ

メインキャスター・谷原章介の失言が常態化している朝の情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)。いつも何気ない言動ではあるのだが、8月10日の放送でも〝監視者〟のセンサーに引っかかる発言があったようだ。

この日「めざまし8」には、フジテレビ系の情報番組で、東京五輪の情報SPキャスターを務めていた小倉智昭が出演。そこで谷原は開始早々に「改めて小倉さん、一週間ご苦労様でした」と発言した。

〝ご苦労様〟というのは、上の立場の人が下の立場の人にかける言葉。谷原が小倉を労うのならば、〝お疲れ様〟と言うべきだったのかもしれない。小倉は「ご苦労様です」発言に、「どうもお疲れ様でした」と返答。直接的ではなかったが、適切な言葉を切り返すことで谷原を諭したのかもしれない。

重箱の隅をつついて谷原章介を批判する視聴者たち…

谷原から飛び出した〝上から目線〟にも感じられる労いの言葉に、ネット上では、

《谷原章介が小倉智昭に「ご苦労様でした」って言っててびっくりした朝》
《目上の小倉さんにご苦労様でしたと言ってしまう谷原さん…》
《谷原さん、目上の相手に対しては「お疲れ様でした」ですよ! 言葉遣い気をつけて!》
《年齢的には逆かなと… 突っ込まざるを得なかったです》
《んー、お疲れ様でしたが適当かと、個人的に思いました》
《谷原さんもう少し、話し方を学ばなければ! 小倉さんにはお疲れ様だよ! 何で年上がお疲れ様で、年下のカミカミキャスターがご苦労様なの?》

などと批判的な声が相次いでいる。

ここ最近、一挙一動が批判を浴びてしまう谷原。しかし本人には悪気はないように思える。というのも、前々から谷原に対して教養のなさを指摘する声はあったからだ。キャスターらしい言葉選びをしようとした結果、チョイスを間違えてしまうことが頻発しているだけかもしれない。

だが悪気がないからといって、炎上しても言動に改善が見られないのは考えもの。ひた向きさは感じられるので、どうにか視聴者に愛されるキャスターになってもらいたいのだが…。

【あわせて読みたい】