鷲見玲奈の“写真集”は期待外れ!? 購入者から酷評「メルカリに出品します」

鷲見玲奈

鷲見玲奈 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ

8月4日、フリーアナウンサー・鷲見玲奈の1st写真集『すみにおけない』が発売された。写真集には自身初となる水着カットが収録されており、アマゾンや一部書店では早くも品薄状態になっている。

鷲見は、写真集発売当日に自身のインスタグラムを更新し、《元々水着は無い予定でしたが、担当編集の方の熱量に負けて、脱ぎました。笑 水着になるのも最初で最後です》とコメント。貴重な鷲見のメリハリボディー見たさに、ファンが書店に駆けつけているという。

発売初日から重版がかかるほどの売れ行きを見せている写真集だが、一方で、なぜかアマゾンのレビュー欄は〝星1つ〟が半数近くを占め、酷評が飛び交っている。一体なぜなのか。

鷲見玲奈の“写真集”にファン激怒

「実は鷲見が大々的にアピールした水着カットは、上に白い透け素材のニットを着用しており、肝心のボディーラインがハッキリと見えませんでした。鷲見の迫力あるボディーを期待していたファンにとっては、肩透かしをくらったも同然でしょうね。また、鷲見が『水着になるのも最初で最後です』などとたきつけたのも、ファンの怒りを誘ってしまったようです」(グラビア誌ライター)

実際に同書のレビュー欄には、

《踏ん切りつかず水着になることをためらい、なんでこんなものを出したんだ?って思う。ガッカリするからまじでやめたほうがいい》
《販売直前まで水着の情報は無かったけど、本人からの告知で急遽、買うことにしたが… 中身を見てガッカリ…。値が下がらないうちにメルカリに出品します》
《腰に布をまいたり、シースルーをまとったりと何様のつもりか出し惜しみがひどい。雑誌の巻頭グラビアで充分》
《2度と手に取ることはないと思い、焼却することにしました。鷲見玲奈はこのまま消えるでしょう》

などと、大ブーイングが巻き起こっている。

あまりに酷評が続出したため、鷲見は5日、自身のツイッターを更新。《(アンダーウエアや)水着!!!! という方は、多分目的が違うので買わない方がいいと思います笑》と反論ともとれる文章を投稿(現在は削除済み)。ファンの怒りにさらなる燃料投下をしている。

相次ぐ重版でほくほく顔の鷲見だが、期待していたファンを裏切ったツケが今後回ってこなければいいのだが…。

【あわせて読みたい】