論破王・ひろゆき“ピュータン論争”に再び言及「またやりだしたのか」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

フランス語に関する知識・認識の大いなる見当違いが露呈し、ブレーク中の勢いに急ブレーキをかけたネット有名人の〝ひろゆき〟こと西村博之。この話題が鎮火しかけていた8月上旬、ひろゆきが自ら〝燃料〟をくべ、再炎上している。

当サイトでも既報のため詳細は割愛するが、ひろゆきは言語学者・F爺こと小島剛一氏から一切の隙がない論破を喰らい、その信頼は一気に失墜。しかし、引くに引けない執拗な食い下がりも徐々に鳴りを潜め、7月下旬ごろからは件に言及しなくなっていた。

コロナ感染拡大や五輪もあり、ひろゆきに対する世間の関心も段々と頭の隅へ。このまま鎮火すると思われたが、8月6日、なんとひろゆきは小島氏への反論ツイートを再開し始める。ひろゆきは自身が争点に設定した「putain」に関して、《強度の侮蔑語・罵倒用語・悪罵用語》とした小島氏の指摘を持ち出し、《マクロン大統領が強調で言ってます、まだウソばら撒いてるんですね》と反論したのだ。