『ナイト・ドクター』キンプリ岸が“特大ブーメラン”発言「迷惑だぞ!」

ナイト・ドクター  岸優太 

ナイト・ドクター  岸優太 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

8月9日、波瑠主演の月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の第6話が放送された。『King & Prince』岸優太のとんでもないブーメラン発言に、ネット上ではツッコミが殺到している。

同作の主人公・朝倉美月(波瑠)は、働き方改革を目指す「あさひ海浜病院」に設立された、夜間勤務専門の救命医チーム〝ナイト・ドクター〟を志願した責任感ある医者。研修医あがりの医者・深澤新(岸)や桜庭瞬(北村匠海)、かつての同僚・成瀬暁人(田中圭)、頭の回転が早く医師としても優秀な高岡幸保(岡崎紗絵)とともに奮闘していく〝青春群像医療ドラマ〟だ。

第6話では、工場の事故現場へ朝倉、成瀬、深澤の3人が向かう。重傷者を発見した深澤だが、治療の自信がないため朝倉を呼びに行き、処置を頼むことに。朝倉は作業員を助けるため資材の山を登るが、立ちくらみを起こして落下してしまった。

その後立ち上がって、なんとか手術を成功させるも、朝倉は再度倒れてしまう。実は朝倉は自分の腕を磨くために他の病院でも働いており、過労が原因で今回の事故を起こしてしまったようだ。

深澤渾身の“特大ブーメラン”にツッコミ

しかし骨折から回復した朝倉は、退院早々にまた現場出動の任務に同行しようとする。成瀬が止めても、朝倉は意地でも出動しようとするため、ついに深澤が激怒。「いいかげんにしろよ!」と一喝し、みんなが朝倉のことを思ってそれぞれ行動していると明かす。そして「どれだけ周りに迷惑掛ければ気が済むんだよ!」と諭すのであった。

朝倉は深澤の言葉に胸を打たれたようだが、視聴者からは

《おまえがキレるなよ!》
《深澤には怒られたくないな》
《おめーが説教すんなよ》
《お前が役に立たねーから朝倉がんばっちゃうんでしょうよ》
《お前も割と迷惑だぞ岸くん!》
《「どれだけ迷惑掛ければ気が済むんだよ」って深澤特大ブーメランすぎww》

などツッコミが殺到している。

「深澤は少数しかいないチームのお荷物。患者の受け入れを拒否した結果、自分の妹を見殺し寸前にしてしまったこともあります。今回のエピソードでようやく手術に1人で挑んだものの、圧倒的なお荷物キャラであることは変わらないため、説教することに違和感を抱く人が多くいて当然でしょう」(芸能記者)

説教できるほどにたくましく成長してほしいものだ。

【あわせて読みたい】