めるる“料理の失敗談”に視聴者ドン引き「お馬鹿キャラはもう時代遅れ」

生見愛瑠 

生見愛瑠 (C)まいじつ 

タレントの〝めるる〟こと生見愛瑠が、8月10日放送の『ザ! 世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に出演。料理の際に起きた〝危険エピソード〟を明かし、視聴者をドン引きさせている。

この日の番組は〝食べ物で危険な目にあった〟というテーマ。VTRでは減量を試みようとした女性が、おなかに溜まりやすいという〝おからパウダー〟を大量摂取しすぎたことにより、腹痛を引き起こした事例などを紹介していった。

そんななか、スタジオのめるるは、「冷凍のたこ焼き食べようと思って」と切り出し、その際に起きた危険なエピソードを告白。一緒についているソースを解凍するよう書かれていたが、解凍方法が分からなかったといい、「目の前に置いてあった電気ケトルに水を入れて(一緒に)ソースを入れて沸騰させたら、爆発しちゃって…。え、コワ~と思いました」と明かした。

めるるの“おバカキャラ”に食傷気味の視聴者

めるるの告白を聞いたMC・中居正広は「当たり前でしょ」と苦笑。スタジオの出演者も驚く様子をみせていたが、視聴者からは

《こういうエピソードを聞くとイライラする。ググればいいのに》
《面白いこと言おうと頑張ってる話し方するよね》
《お馬鹿キャラはもう時代遅れ。こういうアホアピールは痛々しい気が…》
《めるるってかわいいけど喋らないほうがいいなトークで株を下げてる感じ》
《バラエティーでも、トンチンカンな回答するし、自分一人の状況だったら、危険極まりない。世間常識を少し学んでください》

などといった声があがっている。

「おバカキャラ全開でブレークしためるるですが、次第に好感度を下げているようです。昨年11月には高校でのテスト結果を赤裸々告白。『ノー勉したら0点でした』などと明かし、賛否の声があがっていました。しかし、今年に入りタレントの風間俊介に何食わぬ顔で上から目線ともとれる発言をし、さすがに視聴者からも呆れたようです。今回の失敗エピソードも、一歩間違えれば危険な事故になりかねないため、このおバカエピソードを聞いて〝かわいい〟とフォローする人は少ないでしょう」(芸能記者)

ギャルモデルとして生き残るためには一筋縄ではいかないようだ。

【あわせて読みたい】