『かのキレ』小芝風花の“激変”に悲しみの声「天パはブスみたいな設定やめて」

彼女はキレイだった  小芝風花 

彼女はキレイだった  小芝風花 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

8月10日、小芝風花と『Sexy Zone』中島健人のW主演ドラマ『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)の第5話が放送された。小芝の〝激変描写〟に対して、一部視聴者は悲しみの声をあげている。

子どもの頃、美少女でクラスの人気者だった佐藤愛(小芝)は、親友の桐山梨沙(佐久間由衣)と2人暮らし。そんなある日、冴えない太っちょ少年だった初恋の相手・長谷部宗介(中島)と再会してファッション誌編集の同じ職場に。今やすっかりダサくなった愛は自分の素性を隠すことを決意、一方でイケメンエリートとなった宗介は、〝最恐毒舌〟副編集長として猛威を振るっていく…。

第5話では、宗介が雑誌の起死回生を狙い、イタリアの超有名デザイナーとのコラボ企画の撮影を行う。決してミスが許されない現場で、撮影の目玉であるオートクチュールのドレスの管理を任された愛。ところが、予期せぬハプニングで一瞬目を離したその隙に、大事なドレスが破損。怒ったデザイナーは、挽回のチャンスがほしいと懇願する宗介に、交換条件としてミスをした愛を解雇するよう告げると、愛は自ら辞職を申し出た。

仕事から離れた愛は、すっかりもぬけの殻に。そんなところへ宗介がやってきて、職場復帰するよう促す。愛は、迷惑をかけてしまうと拒否するが、宗介の優しい言葉を受けると考えを改める。後日、愛は職場に姿を現したのだが、特徴的だった天然パーマがサラサラストレートになっており、そばかすも消えている。激変した愛に、同僚たちは目を奪われてしまうのだった。

キャンメイクトーキョーしたのだが…

髪型を変えて〝キレイになった〟というこのラストシーン。視聴者からも

《こんなに変わるなんて…》
《めっちゃかわいい!》
《髪型って大事》
《これはキャンメイクトーキョー》

と驚く声が相次いでいるが、その一方では

《天パの私からすると、なんか親近感もてて嬉しかったのにストレートになった途端かわいいかわいい言われてると、やっぱりストレートはかわいいんか…と少し落ち込む》
《ストレートは美人で天パはブスみたいな設定やめて》
《ちりちり髪はやっぱモテないよね》
《直毛が正義みたいな風潮やめて欲しい 好き好んで天パじゃねえんだわ》
《天パーだから天パーでいて欲しかった》
《ってか天パーが悪いみたいに言うの天パーの人に失礼やな》
《最後の小芝風花ちゃんが美しくて眩くて… と同時に天パはアカンのか…と悲しくなったぴえん》
《天パだからやっぱ天パってダメなんだ…って気持ちにはなった》

など、天パ勢から悲しみの声も多くあがっていた。

愛は〝自分に似合う髪型に変えた〟と考えるようにしよう。

【あわせて読みたい】