専業主婦ユーチューバーの“DIY動画”に称賛「職人レベルの技量」

(C)ViDI Studio / Shutterstock 

家のリフォームからスマートロックまで、何でもDIYをしてしまう謎の専業主婦〝よめ子〟がネット上で話題になっている。

よめ子は2019年9月にYouTubeをスタート。「料理下手を克服したい」という思いから始めた『旦那の月収が15万なので1カ月食費1.5万円生活』シリーズが注目を集め、〝謎の専業主婦”〟として大ブレーク。現在、チャンネル登録者は51万人に迫る勢いだ。

8月7日に投稿した動画では、iPadをヘラやドライヤーなどを使い巧みに開封し、取り出した液晶ディスプレイに切り出した枠組みと基板を取り付け、自作のiMac9.7インチを作成してみせた。

その完成度の高さに、ネット上では

《いやもう素晴らしいです。手ぎわの良さが伝わってきます。材料、素材の組み合わせの発想にワクワクしてますね》
《この動画を見てると、普通に天才っているんだなって思う。とてもアラサー専業主婦とは思えません!》
《行動力に学習意欲や好奇心、全て備わっている。すごすぎるぜ! よめ子さん》
《序盤から精密マイナスドライバーの代わりにカッター使ったり、液晶パネルをきれいに取り出したりと、もう職人レベルの技量に驚かされっぱなしの回でした》

などと、驚きの声があがっている。

何でもこなす多才なよめ子に称賛の声

「よめ子は他にも築46年の中古住宅の和室を洋室にリノベーションしたり、夜なべして玄関用のスマートロックを作るなど、多才ぶりをいかんなく発揮。料理からDIY、動画編集、プログラミングと何でもこなし、視聴者から『何者だよ!』といった反響が相次いでいます。現在までに判明しているのは、〝夫は在宅ワーカーとして働いていて月収15万円〟〝大手通信会社に務めていた〟〝現在の年齢は28~30歳〟などといった情報くらいで、動画では顔出しもしておらず、正体は依然として謎のままです」(ネットニュースサイト編集者)

スマートロックを自作する動画は現在までに290万回以上再生されており、今なおその数を伸ばしている。月収15万円万の夫もこんな頼もしい奥さんがいれば、将来安泰かもしれない。

【あわせて読みたい】